選手採点 vs リバプール(カラバオ杯A) by Andrew Dowdeswell

海外記事, 選手採点

おかえりエジル!ハイライトはこちら

GK

マルティネス: 6

大量失点を許したが、オウンゴールにPKそして凄まじいシュートが2つというのは不運としかいえない。マルティネスはそこまで悪くなかった。キックの精度も高かった。PKは一本求められなかったが、これで彼を批判するというわけにはいかないだろう。

DF

ホールディング: 5.5

パートナーよりは良かったが、ここまで失点が多いのはいただけない。落ち着きはあったが、四点目では織木に簡単にやられてしまった。

ムスタフィ: 3

可愛そうなシュコドラン。ようやく再びファンの信頼が得られそうに見えた場面でまたしてもこのようなパフォーマンスを見せてしまった。マークが常に欠点で、パスも残念だった。

ベジェリン: 6.5

オリギ相手に守り続け、何度かよい上りも見せ、チェンバレン相手に素晴らしいタックルも披露した。かつてほどの切れ味はまだ戻ってきていないものの、一年間欠場していたのだからそれも当然だろう。彼がキャプテンを務めたのは良いサインだ。

コラシナツ: 6

ソリッド。攻撃面でそこまで多くは提供できなかったが、守備面で脆弱だったわけではなかった。だが、やはりティアニーと比べると一段見劣りがするのは否めない。

MF

トレイラ: 6.5

ボール非保持時に献身的に働き、特にそれはふぃなるサードでのプレスで顕著だった。オフサイドあったが得点も記録し、3点目でボール奪取に一役買った。

これがエメリの指示なのかトレイラ自身の問題なのかは定かではないが、ポジショニング面で規律を欠いた。どちらにせよ、リバプールの4点目に明らかになったように、これは問題を引き起こしている。

ウィロック: 6.5

なんというゴールだろう!これぞウィロックの真骨頂だった。深い位置でボールを奪うと自身の前のスペースに走りこむ。そして25mのところからこのようなシュートを放てるのは素晴らしい。

だが、この瞬間を除けば、ウィロックはそこまで効果的ではなかった。とはいえ、これはむしろ彼の起用法が問題だったのではないだろうか。 エメリは本来のポジションで彼を使うべきだ。

エジル: 8

マンオブザマッチ。おかえり、メスト・エジル!

3点に絡む活躍を見せ、それには二度のワンタッチの素晴らしいパスが含まれ、彼が他の選手よりも頭一つ抜き出ていることを示して見せた。 恐らく守備での働きが足りずエメリが求める4-3-3での中盤は務まらないのだろうが、今日はとても良いパフォーマンスだった。

FW

ナイルズ: 6.5

点を決め、他の2点にも絡んだ。しかしそれにもかかわらず、そこまで良いプレイを見せたとは言えない。ミルナーを抜くのにてこずり、落ち着きを欠いていたように思える。

攻撃面ではオリギをかわしたくらいだが、オリギは買わせて当然だろう。前回の試合よりはよかったが、ウイングが彼の最適ポジションだと思わせるには足りないパフォーマンス。

サカ: 6.5

ハードワークをこなし、リバプールの裏に素晴らしいスピードで走りこんだ。3点目ではアシストを記録、ナイルズよりも期待感はあった。

彼の守備には依然として疑問が残るが、やはり10代の選手の中で一番プレミアリーグのレベルに達しているのはサカだろう。

マルティネッリ: 8

この若者をこれ以上褒める言葉が見当たらない。今回の2ゴールで今季7得点目で、これを上回るのはオーバメヤンだけで、欧州5大リーグで10代の選手としては最多の得点数となっている。

何度かチャンス化逃してしまったのがなければさらに高い評価がついていただろう。とはいえ、これらのチャンスに走りこめていることもポジティブだといえる。非常に貴重な生まれつきのゴールスコアラーなのだ。

(交代選手は採点なし)

(Source: https://paininthearsenal.com/2019/10/30/arsenal-vs-liverpool-player-ratings-welcome-back-mesut-ozil/5/ )

広告