選手採点 vs スタンダール・リエージュ by Andrew Dowdeswell ハイライトあり

海外記事, 選手採点

若手主体のアーセナルが生き生きと躍動!マルティネッリは化け物っぷりを見せつけ、ティアニーとセバージョスもその才能を存分に発揮、ホールディングとベジェリンは安定して復帰へのステップをまた一段上り、ムスタフィが鉄壁、と素晴らしい試合となりました。

GK

マルティネス: 6

試合の前半に飛び出して行ってボールに触れなかった場面はあったものの、そのほかの場面ではそこまで仕事は多くなかった。ロングキックとショートパスの使い分けなど、ボール扱いが上手いところを見せた。

DF

ホールディング: 6.5

守備での仕事は多くなかったが、注目すべきは、ホールディングがいると後ろからつなぐのが非常にスムーズになるという点だろう。彼は正確に落ち着いてパスが出せるだけではなく、前にボールを進めるパスを出すことが出来る。リース・ネルソンイン向けて3-40mほどのパスを何度か出すなど、スペースを見つけた瞬間にピッチの前方にパスを放り込むことが出来る。

ムスタフィ: 7

褒められるべき時はほめたたえなくてはならない。信じられないかもしれないが、ムスタフィは良いプレイを見せた。素晴らしいロングパスも見せたし、良いポジショニングで相手の攻撃を独力でシャットアウトしたりもした。空中戦にも強く、パスも良い。ミスの数も少なかった。

ベジェリン: 6

ピッチ上の他の選手たちと比べると、やはりそこまでコンディションは整っていなさそうだった。とはいえ、悪かったわけではなく、リエージュの選手にスキを突かれるようなことはなかったが、いつも通りのレーザーのような鋭さはなかった。まだ怪我からの復帰途上であり、不満を言うようなことでもないが。

ティアニー: 8.5

こいつはスターだ。2アシストに加えて3点目の場面でも重要な役割を果たした。ボール保持時も落ち着き払い、ドリブルもうまく相手のプレスをかいくぐるのに貢献した。そして、フィジカル面でもスタミナ、パワー、スピードのバランスが素晴らしかった。彼は完璧なモダン型サイドバックで、あとは調子を完璧に整えるだけだ。

MF

トレイラ: 6.5

フォレスト戦と同じようなポジションでプレイ。試合序盤は何本か粗いパスやタックルも見せたが、最初の15分以降は試合を支配した。チームがボール保持しているときに出来ることは他の選手に比べると限られているようにも感じられるが、彼の機動力はプレスに不可欠だった。.

ウィロック: 8.5

非常に良かった。ダイレクトでダイナミック、前への推進力があり、素晴らしいタッチとシュートで得点も決めた。中盤の構成員としても活躍し、現代サッカーに不可欠な機動力と運動力のあるチームに自身の居場所を示した。

セバージョス: 8.5

この試合はセバージョスがトップ下ではなく、より深い位置でプレイを司るのが本職だという証明だった。中盤を支配し、全ての指揮をとり、相手選手はセバージョスに近寄ることすらできなかった。アーセナルの攻撃はすべてセバージョスを経由していた。彼はより多く先発するべきだが、本職のポジションで起用されるべきだ。得点も記録した。

FW

ナイルズ: 6.5

ボールを落ち着いて保持し、プレスにも貢献するなど、右サイドバックよりも適しているように見えた。だが、攻撃面ではあまりインパクトを残せず、ウィロックやネルソン、マルティネッリといった選手たちの活躍を考慮すると、序列は下がってしまうかもしれない。

ネルソン: 8.0

素晴らしい。ドリブルから脅威となり、パスやクロスもクリエイティブだった。ゴールから遠い位置からも相手GKを脅かし、これぞ我々が待っていたネルソンのパフォーマンスだった。今のところサカがネルソンより一歩前にいるかもしれないが、我々はネルソンのことも忘れてはいけない。

マルティネッリ: 9.5

マンオブザマッチ。これ以上この若者に関して何を言えばいいのだろう?生まれつきのストライカーのような嗅覚で2ゴールを決めた。彼の動きはとてもよく、常に相手DFの隙を狙っていた。ハットトリックしていてもおかしくなかった。

素晴らしい走り込みから素晴らしいボールでセバージョスへのアシストも記録した。これらに加え、プレスに走り回り、華麗なドリブル、ポストプレイまで見せた。ほとんど完ぺきといってもいいパフォーマンスだった。

(途中出場選手は正確な採点が出来ないため採点なし)

(Source:
https://paininthearsenal.com/2019/10/03/arsenal-vs-standard-liege-player-ratings-gabriel-martinelli-shines/5/ )

広告