選手採点 vs マンチェスター・ユナイテッド(A) ハイライトあり

オリジナル, 選手採点

複雑!

GK

レノ: 7

失点場面では微妙にディフレクションがあったためか虚を突かれたような形となってしまい失点を許した。だが、その他の場面では安定したセーブを披露し、特にフリーキックを止めたセーブは素晴らしかった。

そこまで後ろから足元でつないでいくことに拘らず、何度かかっ飛ばす場面もあった。

DF

チェンバース: 7

いきなりイエローカードをもらった時はどうなることかと思ったが、その後も冷静さを失わず、落ち着いて対処した。流石にスピードや敏捷性という意味ではベジェリンやナイルズにはかなわないものの、良いクロスも何度か見せたり、プレス回避に貢献したりと普通に右サイドバックを務められているのは、右サイドバックの控えに一抹の不安があるチームにとって非常大きいのではないだろうか。

ソクラティス: 6

失点を止めることはできなかったが、これまでの何試合かと比べれば大分出来は良かったというべきだろう。今日の課題はむしろ守備よりも攻撃にあったように思える。イエローカードをもらうことさえもなかった。

ルイス: 6

ソクラティスと同じく良いプレイを見せた。特に空中戦での強さは心強かった。何回も書いているがやはりパスが上手い。さて、問題は今後ルイスが良い日と悪い日をどれくらいの割合で見せられるかだろう。

コラシナツ: 5

トレードマークの相手に寄せない緩い守備を見せてしまった場面が何度かあった。また、攻撃面でも顕著な活躍は見せられなかった。総合的に見て悪かったというほどでもないのだが、フォレスト戦でのティアニーを見るに、彼のスタメンが待望されてしまうのも致し方なしか。

MF

ジャカ: 5

失点場面は特にジャカにはどうしようもなかったように思うが、それとは別に、やはりどうしてもスピード不足が目立ってしまうのと、不用意なファウルでまたしてもイエローカードをもらってしまった。

彼が先発し続けるのにはエメリなりの理由があるのだるか、どうしてそこまでチームに必要不可欠なのかは示せなかった。

ゲンドゥージ: 8

ヴィラ戦から覚醒モードに入った20歳。中盤の誰よりもピッチ上を駆け回り、気迫あふれるプレイを披露。ジャカやトレイラといったより経験を積んだ選手がかすんで見えるパフォーマンスだった。

やはりポジション外につり出されることが多い傾向にあるのは若干心配だが、現時点でアーセナルのベストなMFであることは間違いないだろう。

トレイラ: 6

ついにプレミアリーグで先発!と思ったら55分しか使ってもらえなかった。コンディションの問題なのか何なのかはわからないが、やはりジャカとは裏腹に100%の信頼を得ていないのは明らかだ。

また、中盤がジャカ・トレイラ・ゲンドゥージという組み合わせだったことで、攻撃面でも貢献しなくてはならない形となり、思ったような活躍を見せられなかった印象を受けた。

FW

オーバメヤン: 8

一時期のサンチェスやファン・ペルシーを思わせる救世主っぷり。全く攻撃の形が出来ていないアーセナルにおいて開幕7試合で7得点とベルカンプの記録と並び、ほぼ独力でアーセナルをトップ4争いに参戦させてくれている。

とはいえ、このままだとオーバメヤンが怪我、あるいは不調に陥った瞬間にシーズン終了のお知らせとなってしまいそうなので、彼の好調が続いている間に監督にはチームを何とかしてほしいところ。

ペペ: 4

全く試合には入れず、タッチやシュート、パスがずれる場面が目立ってしまった。プレミアリーグ一年目で適応に時間がかかるのは当然なのだが、現状頼りになる攻撃的選手がオーバメヤン一人しかいないというチーム事情を考えるとそこまで悠長なことも言っていられないのが苦しいところ。

サカ: 7

ネルソンと交代したのがサカではなくペペだったことからも分かるように、クラブ史上最高額で獲得されてきた選手が霞むようなパフォーマンスを見せた。ベンゲル監督であれば『サカ獲得に70Mかからなくてすまないね。』とでも言っていただろう。

惜しむらくは、絶好のチャンスを外してしまったこと。あれを決めていれば完全にヒーローだった。とはいえ、好調そうだし、今後もスタメンに名を連ねそうだ。

交代選手

セバージョス: 6

落ち着いてプレイし、悪くはなかったが、試合を買えるほどのインパクトを残したかと言われるとそうでもなかった。

ネルソン: 6

前線にエネルギーを注入するためにペペと変わって登場。何故かチャンスで相手GKへの優しさにあふれたシュートを打っていたのは笑った。

ウィロック: 6

何故かといわれるとうまく言えないのだが、一番オーラがあるというか、途中出場で結果を残してくれそうな雰囲気があった。とはいえ、今日は特に得点やアシストには至らなかった。

広告