開幕!!! 選手採点 vs ニューカッスル(A)

オリジナル, 選手採点

ついに待ちに待った開幕戦となりました!例年アーセナルは開幕戦の成績があまり芳しくなく、かつ去年鬼門だったアウェイ戦ということで、どうなるかと思われましたが、若干怪しい場面もあったものの何とか勝利となりました。しかもクリーンシートということで、昨季のシーズン通算のアウェイでのクリーンシート記録(1)に既に並びました。笑

GK

レノ: 7

昨季からの安定感を継続し、堅実なプレイを見せた。やはり、止められるシュートを普通に止めてくれるのは大きい。また、足元も安定しており危なげなく観ていられるし、一度ノイアーばりの飛び出していってヘディングでのクリアも見せた。

DF

ナイルズ: 8

ベジェリンの怪我のおかげで開幕スタメンを右サイドバックとして迎えることになったが、随所でエネルギッシュなプレイを見せ、積極的に攻守で貢献した。特に守備で穴をあけることもなかったし、この調子を継続できれば十分に右サイドバックの控えは務められるだろう。素晴らしいボール奪取からの素晴らしいクロスでオーバメヤンの決勝点をアシスト。

チェンバース: 7

ホールディングが復帰すれば、恐らく序列的にはソクラティスとホールディングに次ぐ第3CBの座をダビド・ルイスと争うことになるのではないかと思われ、シーズン序盤がポジション奪取のためのアピールのチャンスだと思われるが、試合を通してポジショニングもよく、落ち着いてソリッドなプレイを見せた。ソクラティスとルイスの年齢を考えれば、将来的にはホールディングとチェンバースが不動のスタメンとなってくれればアーセナルファンとしてはこれほどうれしいことはないだろう。

ソクラティス: 7

CBの左側を務めたが、イエローカードもなく、かつ後ろからパスをつなぐのにも貢献した。経験値的にはアーセナルのキャプテン候補に名前が挙がっても良さそうなものだが、まったく触れられないのは何故だろう。いつも悲し気な顔をしているが、今日は雨に濡れてさらにそれが際立ち、全てを失った男のような顔でディフェンスしていた。

モンレアル: 6

時折アルミロンの対処に手を焼いたのを除けば、良くも悪くもそこまで目立ったわけではなかったが、まだまだ十分に左サイドバックを務められることを示した。このままティアニーへの世代交代をスムーズに完了させてほしい。

MF

ジャカ:7

キャプテンマークを巻いての出場となった。今日欠場していた選手の中に出場していればよりキャプテンに相応しかっただろう、という選手がいるわけでもないのでこのままアーセナルのキャプテンに就任だろうか。攻守両面オールラウンドに良いプレイを見せ、何度か良いスルーパスも見せた。終盤にイエローカードを結局もらってしまったのはご愛嬌。

ゲンドゥージ: 8

個人的には非常によくやっていたと思う。昨季時折顔を見せた粗さのようなものは今日は鳴りを潜め、何度もドリブルで相手をはがしてボールを進めたりとチームの攻撃を前に進めることに全力を尽くした。ダビド・ルイスはまだデビューすらしていないのだが、もう既にゲンドゥージが低い位置で守備をしているとダビド・ルイスに見え始めてしまった。笑

ウィロック: 7

満を持してプレミア開幕戦で先発となった。そこまで目立った貢献があったわけではないかもしれないが、19歳の選手が特に違和感なくファーストチームに溶け込んでプレイできたのは大きな収穫だろう。時折見せた、一歩ごとに相手を引き離していくようなダイナミックなランは非常に可能性を感じさせた。今後もこの調子で頑張ってほしい

FW

ネルソン: 6

ウィロックと同じくまだ10代ながら開幕スタメンに抜擢。イウォビの退団もあり、左サイドでの機会は今季増えるだろう。ウィロックと比べると若干試合にはいれていないような印象もあったが、それでも時折ポテンシャルを感じさせるプレイは見せた。特に、たまに足にボールが吸い付くようなトラップを見せていたのが印象的だった。

ムヒタリアン: 5

ボールロストが多すぎる。だが、かと思うと素晴らしいプレイを見せたりと、同じ試合の中なのに調子の波が激しく、良いプレイと悪いプレイの高低差が凄かった。ただ、途中から、他のパスはミスしてもオーバメヤンにだけは絶対良いボール通すマンになっていたので、オーバメヤンばかり探し過ぎて他を観ていなかったのかもしれない。笑

オーバメヤン: 8

昨季得点王の実力はやはり今年も健在。全く衰えないスピードと縦への走り込みで何度かチャンスに走り込み、最終的にはナイルズからのクロスをきちんと沈めてみせた。クロスも素晴らしかったが、トラップとシュートも素晴らしかった。4-5-1のフォーメーションを基本としていくのであれば、ラカゼットの兼ね合いもあり、オーバメヤンをどこで使うのかは難しい問題になりそうだ。

交代選手

セバージョス: 6

途中でウィロックに代わり出場。いきなり一発目からかつてのラムジーを彷彿とさせるお洒落ヒールからのボールロストを見せた。笑 プレミアのペースとフィジカルに適応できるかはまだ未知数で、そこまで見せ場を作れたわけではなかったが、華奢な体で繰り出す踊るようなドリブルでのボール運びは面白かった。

ペペ: 採点なし

時間が少なかったのもあり、そこまで見どころはなかったが、とりあえず動きは悪くなく、コンディション的には良さそうに見えた。特に今日デビューの新戦力3人、ここにネルソンも加えてもいいかもしれないが、なんだか急にアーセナルに愉快なドリブル野郎たちが増えたので楽しみではある。笑

マルティネッリ

ほとんど時間は与えられなかったが、今日デビューを果たしのは少し意外でもあった。このおかげで、交代選手3人ともが新加入という面白いことになった。恐らくカップ戦がメインの出場機会となるのだろうとは思うが、今日のムヒタリアンの感じを見るに、もしかすると今季プレミアリーグでの機会がそれなりに回ってくる可能性もあるのかもしれない。

広告