『アーセナル夏の予算45M』の謎 後編

オリジナル

この記事は、昨日の前編の続きとなっています。今日はいかにしてアーセナルが金欠の夏を乗り切ったのかを紐解いていきます!

分割払いのトリック

ここで注目したいのがアーセナルに獲得の噂が出るたびについて回った”Installment(分割払い)”という単語です。そうです、どうやら今季のアーセナルが金欠なのは事実のようなのですが、補強の必要性は明らかなので、支払いをあとに回してでも、CL出場権が獲得できれば増収が見込めるからこの夏少し無理をしてでも選手獲得を!という方針をとっているようなのです。

ペペに関しては、リールとアーセナルの間に第三者の会社を挟むことで、まずその会社がリールに支払う72Mを建て替え、アーセナルはとりあえずその会社に頭金として20Mをこの夏支払い、その後残りを分割払いしていくと報じられています。

また、サリバに関しては実際にチームに合流するのは一年後ということなので、今支払うのは微々たる額のようでで、その後6回に分割して支払っていくそうです。笑 そして、マルティネッリに関しても、この年齢のトップレベルでの実績のない選手に6Mというのは高額すぎるように感じますので、ボーナスなども含めた額で、実際にこの夏支払う額はもっと少ないのではないかと考えられます。

ティアニーに関しては、セルティック側がボーナスとか分割とかややこしい話は抜きで25M!と要求しているらしいので、この夏に25Mアーセナルが用意できるのかが一番の鬼門となりそうです。

もし仮にティアニーはこの夏一括払いで獲得したとすると

ティアニー: 25M
マルティネッリ: この夏は4Mくらい?
サリバ: この夏は3Mくらい?
セバージョス: 4M
ペペ: 20M

こちらはまだ噂程度で信ぴょう性はわかりませんが、ルガーニレンタル?: 4M?

ということになり、合計で60M程度になります。これでもまだ45Mははるかに超えていますね。笑

売却による資金捻出

ですが、この程度であれば、売却益でカバーすることが出来るといえそうです。確定した分だけでも元アーセナルのベナセールの転売条項による収入も含め以下の通りとなっています。

オスピナ: 3M
アミーチ: 2.5M
ベナセール: 4.2M(転売条項)

さらに、ここに加えてビエリクが10Mでダービー移籍が決定的という噂ですので、トータルで約20Mとなり、45Mと合わせれば60M費やしても5M残る計算となります。ジェンキンソンやエルネニー、ムスタフィといったほかに移籍が噂されている選手の去就次第では、CBをルガーニのレンタルで済まさなくとも、完全移籍で獲得するだけの資金が残る可能性もありますね。

来年以降の獲得への影響は?

とはいえ、あくまで分割払いは分割払いであり、支払いを先延ばしにしているにすぎません。いずれは支払わなければならないので、そのつけはどこかで回ってくることになります。アーセナルがどれくらいのスパンでの支払いを計画しているかまではわかりませんが、恐らく3-5年程度に分けて支払うのでしょう。

仮に、今年支払わない分の60Mを四年かけて支払うとすると毎年15Mずつということになります。そして、もしこれからも毎年予算が45Mだとすると、来年から4年間は30Mということになります。笑

CL出場権を獲得できてしまえば、年間15Mをはるかに超えるリターンがあるはずなので、そこまで分が悪い賭けではないかもしれませんが、もし近いうちにアーセナルがCL出場権を獲得できなかった場合、アーセナルの経営状況はさらに悲惨になる可能性をはらんでいそうですね。

ただ、フロントの考えとしては、エジルとムヒタリアンに年間25M程度週給に支払っているので、その契約さえ切れてしまえばある程度余裕はできるはずと踏んでいるのでしょう。若手を起用するなどして代役の選手の給与を抑えれば、仮に毎年15Mずつ今年の移籍金の支払いをしていても、それを相殺するくらいの効果が見込めます。

というわけで、21/22シーズンにはだいぶ楽になる可能性がありますが、もし今季CL出場権を逃した場合は、来季は金銭的な意味では地獄のシーズンとなりそうです。笑

広告