アーセナル 夏の移籍の噂 第二弾

オリジナル

夏の風物詩、移籍の噂ですが、そろそろ本当に信憑性のある話とそうではない飛ばしとの区別がつきそうな感も出てきましたので、今回は比較的実現可能性が高そうな噂に絞ってお届けします!

カラスコ: 30% 25M?

Embed from Getty Images

ミスリンタート主導の案件であり、彼の退団と共になくなったと見られていた、カラスコのアーセナル移籍ですが、ここに来て噂が再燃しています。

カラスコ側が減俸を受け入れてでもヨーロッパに戻りたいと希望しているのは間違いないようで、アーセナルが彼に興味を持っている4クラブの一つと報じられています。一時期は合意間近か、といったうわさもありました。

キャリア途中で中国へ移籍と少し変則的な道筋をたどっていますが、ドリブルが出来、得点力もあり、25歳とまだ伸びしろもありそうなので、実現すれば良い移籍になりそうです。

アレクシス・クロード=モーリス: 35% 18M?

Embed from Getty Images

フレイザーの移籍話に進展があまり見られず、これはウイング枠はカラスコで決まりかな、と思っていたところでここに来て急浮上してきたのがこのロリアン所属のクロード=モーリスです。

ロリアンはフランス2部とはいえ21歳で35試合出場、14得点4アシストと出色の活躍を残しています。当初は9M£でオファーとされていましたが、釣り上げられてアーセナルは3度目の正直、倍額18Mでのオファーを出そうとしているところ、という噂です。

こちらもドリブルが出来るタイプのウインガーで、チームにはフィットしそうなのですが、年齢のプロフィール的にネルソンと被っているのが少し気になると言えば気になるところです。

また、カラスコがモナコやアトレティコで結果を残しているのと比較してモーリスはまだ若く、トップレベルでどこまでやれるかは未知数なので、若干のギャンブル要素がある気がしますね。とはいえ、逆に大化けすることもあるということなので、期待してアーセナルの新ウイングは誰になるのか待ちましょう。

ただ、当初9Mでオファーしていたということは若手枠だった可能性もあるので、(楽観的過ぎると思いますが)選手放出の成否によっては、もしかするとカラスコとダブル獲り、なんていう可能性もあるのかもしれません。

このあたりは自前の若手も育てたいところなので難しいですね。

ライアン・フレイザー: 10% 20M?

カラスコ、モーリスが盛り上がってきたのと対照的に盛り下がってしまったのがこちらの話で、ボーンマスが30Mを要求しているのに対してアーセナル側のオファーは20Mと大分開きがあるようです。

それならば、ということで上の二人の交渉を進め始めたのかもしれません。今のところフレイザーのアーセナル行はあまり現実的に見えませんが、何が起こるか最後まで分からないのが移籍市場なので他の取引の行方によってはまた再燃!なんてケースもあるかもしれません。

ヨアキム・アンデルセン: 20% 20M?

Embed from Getty Images

何故か後述のプラートとセットで交渉されている、という噂があるのですが、サンプドリア所属の23歳CB、ベントナー以来のデンマーク人です。

そこまで有名というわけではないですが1.9mと高身長でまだ若いながらも32試合出場とサンプドリアで先発を勝ち取っている選手ですね。

デニス・プラート: 10% 20M

Embed from Getty Images

こちらも同じくサンプドリア所属の25歳ベルギー代表MFです。役割的にはラムジーの穴埋め、ということになるのかもしれないですが、一シーズン通して2ゴール3アシストということで、そこまで攻撃面での直接的な貢献は見込めなさそうです。

良い選手だとは思いますが、すでにトレイラがいますので、守備的MFはどちらかといえば必要なのは控えであり、あまり高額の移籍金を費やすのは違うような気がしますが、エメリが来季どのようなシステムで臨むつもりなのかわからないので、構想次第では獲得もあるかもしれません。

プラートとアンデルセンセットで45Mのオファーをアーセナルが出した、と報道された途端にアーセナルサイドが『ナンセンスだ』と否定した、と報道されたりもしていました。事実無根なのであればそこまでムキになって否定する必要があるとも思えないので、実際にどこまで進んでいる話なのかは分かりませんが、このサンプドリアペアに関しては何かあるのだろうと思います。

ウィリアム・サリバ: 20%

Embed from Getty Images

今の時点での感じだと、アーセナルの新CB枠はアンデルセンとサリバの一騎打ちといった感じでしょうか。サンティティエンヌ所属のフランス人CBです。交渉は順調に進んでいる、という噂もありましたが、ここに来てマンチェスターシティも興味を示しているという報道もあります。

また、サンテティエンヌ側がもう一年ローンで残してくれないかといっている、という噂もあり、即戦力が必要なアーセナルにとっては少し困ったことになっているようです。

上のアンデルセンが比較的計算できる戦力だとすれば、こちらはまだ18歳、ロマン枠といった所でしょうか。とはいえ、18歳にして既にフランス一部サンテティエンヌでシーズン後半は出場を重ねているところは評価できます。こちらも1.9m越えということで高さのあるCBというのをアーセナルはターゲットにしているのかもしれません。

マルティネッリ

全開も紹介したので詳しくは割愛しますが、こちらも特に話は出ていませんが、これは恐らくもう取引が完了しているためであり、そのうちに公式発表となるのではと思われます。

広告