選手採点 vs ナポリ(A) ハイライトあり

2019年5月24日オリジナル, 選手採点

アーセナルがらしからぬ”大人な”パフォーマンスで勝利をおさめ、ナポリを破って準決勝進出を決めましたね!アウェイでも一発勝負やビッグゲームだと良いパフォーマンスを見せられる印象があります。

GK チェフ 7

やはりファーストレグと同じように、ナポリの決定力不足のおかげでそこまで仕事は多くなかったものの、枠に飛んできたボールに関してはすべて良く対処した。一番危険だった場面はナポリのシュートよりもモンレアルのシュートだったように思う。何故か謎のイエローカードを一枚もらった。

DF コシェルニー 8

今季何度この言葉をコシェルニーに使っているかわからないが、相変わらず鉄壁。アーセナルコラム選手とのマンオブザマッチ。危険なボールの先には常にコシェルニーがいて、ナポリの攻撃を跳ね返し続けた。今季の活躍を見るに、本当に怪我をする前よりも状態が上がっているようだ。

問題は、この先も週2ペースでの試合がつづことで、どこでコシェルニーを休ませるかはエメリの頭痛のタネになりそうだ。とはいえ、来週はまだソクラティスが出場停止なので、コシェルニーはまだ休めなさそうだ。何とか耐えきってほしい。

ソクラティス 7

コシェルニーと並んで鉄壁。スタッツは調べていないが、今季ソクラティス、コシェルニー、ホールディングの3人のうちの2人が先発試合では失点数がものすごく少ないのではないだろうか。何を話していたのかわからないが、そこまで語気を荒げるわけでもなく、クリバリを懇々と説き伏せていたシーンは笑った。アーセナルにこの夏来ないか?とでも言っていたのだろうか。笑

モンレアル 6

CBの残りの2人ほどではないにせよ、相変わらず安定感のあるプレイを見せた。ファーストレグから引き続いてナポリの攻撃陣がオフサイドに引っ掛かりまくっていたのはなぜなのだろう。

ナイルズ 8

ベジェリン、見てるか?と言わんばかりの躍動感あふれるパフォーマンス。攻めては持ち前のスピードで相手を置き去りにし、守ってもフィジカルの強さを活かし、堅実にプレイした。右サイドバックあるいはWBとしては今までで一番のプレイを見せたのではないだろうか。今回のようなプレイを継続できるようになってくれればアーセナルのサイドバック事情は当分安泰と言えそうだ。

コラシナツ 6

一度謎の軽い守備からあっさり抜き去られた場面はあったものの、それを除けば空中戦での勝率も高く、相手のクロスをファーサイドではじき返した。ただ一点気になるのが、以前はシュートクロス精度共に一級品だったように思ったが、最近何故かクソクロサー化が進行しているような気がするところ。

悪魔と取引でもしてクロス能力をいけにえに守備力を上昇させてもらったのだろうか。

MF トレイラ 6

そこまで目立たなかったが、中盤で相手の攻撃の芽をつぶし続け、チームのために自身の役割を果たし続けた。ラムジーが離脱してしまったため、ジャカとトレイラの二人がそろったままシーズン終了まで行けるかは非常に重要になってきそうだ。

ジャカ 7

こちらもそこまで目立たなかったとはいえ、堅実なパフォーマンス。守備でも何度かいいタックルを見せていたし、中盤をスムーズにする役目もきちんと果たした。コーナーの精度も悪くなかったと思う。

ラムジー 6

Embed from Getty Images

今季はラムジーにとって、なんと象徴的なシーズンとなってしまったことだろう。前半は最適ポジションを監督が見つけ出せずに出場機会が減り、その後契約問題の解決後ついに復調、アーセナルでのキャリアのハイライトとも言っていい活躍を見せながら、チームの絶対的中心にまで上り詰めた。そして、まさにその頂点でハムストリングが弾けてしまった。

シニカルな見方をするのであれば、やはりラムジーの才能と能力がワールドクラスであることに疑いの余地はないが、金銭面だけでなく、フィットネス面での不安が付きまとうからこそアーセナルは契約延長をしないことを決めたのだろうという気がしなくはない。

恐らく普通であればこういった筋肉系のケガは最低でも3週間は離脱、長いと6週間くらいまで延びる可能性もあり、アーセナルがEL決勝に進出すればまだアーセナルでプレイするチャンスはあるかもしれないが、どちらにせよプレミアリーグには間に合わず、エミレーツでラムジーにお別れを言うことは叶わないということになってしまいそうだ。非常に残念でならないが、こうなったらアーセナルとしては絶対にCL出場権を獲得し続け、ここ数年の間にユベントスと当たってもう一度ラムジーを彼のホームに迎える機会を作ってほしい。

FW オーバメヤン 6

相変わらず良いポジションにはいるのだが、一度絶好機を外しあ他のを含め、決めきれなかった。最近のオーバメヤンは外しまくっている印象だが、そろそろ確率的に決めまくる日も来るのではなかろうか。

ラカゼット 8

全体的には比較的静かな一日だったが、素晴らしいフリーキックで実質的に勝負を終わらせる一点を決めて見せた。ここぞというときに決めて見せる、さすがの働きである。

交代選手

ムヒタリアン 7

ラムジーに代わって入り、守備面での貢献性は及ばないかもしれないが、良い活躍を見せた。オバメヤンへのパスはそんじょそこらのアシストよりもアシストらしいボールだった。

エルネニー 6

有利しているときに出てきて試合をそのまま畳む職人みたいになりつつあるエルネニーだが、今日もその名に恥じない活躍を見せ、中盤にエネルギーを注入した。

イウォビ 6

出場時間はそこまで長くなかったものの、やはり彼のようなバランスが取れた能力を備えている選手は監督は非常に使いやすいだろうな、と思わせた。

広告