アーセナルのトップ4入りシミュレーター

オリジナル

ブログをまたいでしまって恐縮なのですが、先日旧アーセナル・コラムのほうでやった今シーズンの残りシミュレーターを、せっかくなので最新の結果を踏まえてアップデートしていきたいと思います!

アーセナル

ユナイテッド(H) 〇
ニューカッスル(H) 〇
エヴァートン(A) ×
ワトフォード(A) 〇

ユナイテッド戦は予想に反して勝利し、エヴァートンに敗北(勝利を予想)ワトフォードに勝利(敗北を予想)したことで、トータルでは+2の上方修正となりました。当たり前と言えば当たり前ですが全然当たってないですね!笑

以下が予想となります。鬼門のアウェイは一勝一分け一敗と予想をしています。バーンリーはここ何年かいつも疑惑の判定やぎりぎりのゴールなどで勝ち越しているので今年も何とかなるだろう、という読みです。

クリスタル・パレス(H) 〇
レスター(A) ×
ブライトン(H) 〇
バーンリー(A) 〇
ウルブズ(A) △

マンチェスター・ユナイテッド

アーセナル(A) ×
ワトフォード(H) 〇
ウルブズ(A) ×
ウエストハム(H) 〇

ユナイテッドはアーセナルとウルブズに敗北したことで、勝ち点-2の下方修正となっています。やはりスールシャールマジックはそこまで長くは続きませんでした。

以下が残り日程の予想となります。実は当初はエヴァートン戦引き分けを予想していたのですが、こっそりここで勝利に代えさせてもらいました。 ユナイテッドはまだチェルシー戦とシティ戦を残しているのでなかなか厳しい日程と言えます。

エヴァートン(A) 〇
シティ(H) ×
チェルシー(H) △
ハダスフィールド(A) 〇
カーディフ(H) 〇

トッテナム

サウサンプトン(A) ×
パレス(H) 〇
リバプール(A) ×
ハダスフィールド(H) 〇

こちらもサウサンプトンに敗北したせいで-1の下方修正となります。トップ6の他のライバルたちの成績を少し過大評価していたかもしれませんね。以下が予想となります。エヴァートン戦がホームなのにトッテナムの敗北を予想しているのは、最後にプレッシャーがかかるトッテナムらしくトッテナムしてくれるだろうという希望的観測込みです。

ブライトン(H) 〇
シティ(A) ×
ウエストハム(H) △
ボーンマス(A) 〇
エヴァートン(H) ×

チェルシー

ウルブズ(H) △
エヴァートン(A) ×
カーディフ(A) 〇
ウエストハム(H) 〇
ブライトン(H) 〇
リバプール(A) ×

チェルシーもカーディフに勝利はしたものの、エヴァートンに敗北したため、予想からは1ポイント後退となりました。アーセナルは上方修正、ほかのチームは皆下方修正ということで、前回の記事の時点でいかに悲観的な予想をしていたかがわかります。笑

以下が予想となります。

バーンリー(H) W
ユナイテッド(A) D
ワトフォード(H) D
レスター(A) W

結果発表

こうしてみると、ユナイテッドは日程が少し厳しいですが、ほか3クラブはトップ6対決を一つずつ残すチェルシー&トッテナム、トップ6相手はないがそのすぐ下のレスターとウルブズのアウェイを残すアーセナルということで難易度的には似たり寄ったりでしょうか。

これらの予想から獲得勝ち点を出して現在の勝ち点と合算すると・・・

3位: アーセナル!!! 勝ち点 76(66+10)
4位: チェルシー 勝ち点74(66+8)
5位: ユナイテッド 勝ち点74(64+10)

何とチェルシーとユナイテッドは同率で並びましたがとりあえず現状の得失点差で計算しておきました。ユナイテッドのほうが残り試合が多いのでこの辺はどうなるかわかりませんね

そして、ひいきというか願望がダダ洩れですが
6位: トッテナム 勝ち点 73(67+6)

という結果になりました笑

とはいえ、トッテナムがエヴァートン戦に勝利したとしても、アーセナルと勝ち点では同点、得失点差による勝負となりますが、それでも4位は確定なので、もしアーセナルが本島に残りのホームを2勝、かつアウェイを一勝一敗一分けでシーズンを終えることが出来ればトップ4入りは十分に現実的と言えそうです。

広告