アーセナルアウェイの憂鬱

海外記事

アーセナルはまるで二重人格を持ったチームだ。ホームでは自信に満ち、試合をコントロールすることが出来る。新監督のおかげで活力を取り戻し、新たな時代の到来を告げるチームだ。だが、一歩エミレーツスタジアムの外に踏み出せば、そのアイデンティティは砕け散る。アウェイのアーセナルは非常に脆く、これが彼らのシーズンを台無しにしつつある。

エヴァートン戦での敗北は怒りに満ちた声をアーセナルファンから引き出した。何故なら、彼らはこの流れを断ち切らなければチームにとって非常にまずいことになるとわかっているからだ。CL出場権を獲得できるかは、アウェイでの調子をいかに上げられるかにかかっていると言っても過言ではない。

プレミアリーグ残り6試合のうち4試合がアウェイ戦で、EL優勝によるCL出場を目指すとしても、アウェイ戦で二度、そして決勝戦は中立地のバクーで結果を残さなくてはならない。今シーズンの大部分の間アーセナルはホームでの好調に頼り切ってきたが、これ以上それを続けることは出来ないのだ。

今季のアーセナルのアウェイでの成績はどうしようもなく酷い。SoccerStatsのデータによると、ホームではアーセナルは勝ち点44を獲得しており、これはリバプールと並び、シティに次いでリーグ同率二位だ。

だが、ビッグ6の他のチームが全員アウェイでの勝ち点ランキングでも6位以内に入っているのに対して、アーセナルは10位まで落ちている。代わりにトップ6入りをしているのはレスターだ。アーセナルはアウェイで28失点を喫しており、これは降格争いをしているカーディフシティよりも悪い数字だ。

エメリのために公平を期していえば、これは何も今季始まった問題ではない。7amkickoffによると、ここまで44試合のプレミアリーグのアウェイ戦で、78失点をしており、これはなんと、一試合平均1.77という数字だ。

今季のスタートの時点では、エメリはアーセナルのアウェイの呪縛をついに解いたかに見えた。だが、徐々に元のアーセナルに戻ってしまった。エヴァートン戦の結果は、アンフィールドでの1-5での敗北以来の酷い結果だ。L

この問題がここまで長く続くということは、恐らくその要因も非常に複雑なのだろう。戦術が問題の時もあるかもしれないが、大体の場合、エメリは自身がスタメンを調整して問題を解決することが出来る監督だと証明している。彼は変幻自在に戦術を変えるので、少なくとも彼がこの問題を解決するためにいろいろと試していないと責めることはできない。

実際には、これにはむしろ心理面での問題が非常に大きいように見える。アーセナルの選手たちは、エミレーツで得られるようなサポートなしでは心地よさそうに見えないのだ。逆境で輝く性格を持つセンスたちもいるが、現在のアーセナルは最悪の部分が逆境によって引き出されてしまうようだ。

今や、アーセナルのアウェイ戦績は有名になりすぎて、悪循環に陥っている。すでに敵チームはアーセナルのアウェイの打たれ弱さを知っているので、彼らは他のトップチーム相手にはとらないような大胆なアプローチをアーセナル相手に採用してくることもある。

もしリーグ中位下位のチームが上位から金星を狙うのであれば、アーセナルが最も簡単なターゲットなのだ。アーセナルは弱みを見せてしまい、リーグ全体がそのスキを突こうと狙っている。

これは部分的にはリーダーシップの問題ということも出来るかもしれない。エヴァートン戦でグラニト・ジャカとコシェルニーが不在だったことが影響を与えた可能性はある。彼らはチームの中でも影響力がある選手だ。エヴァートン戦でキャプテンを務めたのがエジルというのも象徴的だった。

アーロン・ラムジーがピッチに登場した際、そのエネルギーと油断のなさの違いは明らかだった。だが、非常に気の滅入ることに、ラムジーはホームとアウェイどちらでも同じように輝ける数少ないアーセナルの選手の一人であるにもかかわらず、シーズン後にクラブを去ることは決まっている。

とはいえ、もちろん夏に解決策を模索するのは当然として、エメリはより早くなんとか結果を出さなければ、アーセナルのシーズン終盤は悲劇的なものになってしまう。アーセナルが最も最近アウェイで良いパフォーマンスをした試合は恐らく1-1のスパーズ戦まで遡らなければならないだろう。

もしかすると、エメリはこの試合をひな型として用い、4バックでより中盤の支配力を強化することでアウェイの成績を改善できることが出来るかもしれない。またこの試合エジルはベンチにおり、このプレイメイカーがホームの時のようにプレイできないのであれば、同じようアウェイでメンバーから外すことを決断しなくてはならないかもしれない。

いずれにせよ、アーセナルがこの問題を即座に解決できなければ、素晴らしいホームでの成績も結局は無意味なものになってしまう。

(Source:
https://www.unibet.co.uk/blog/arsenals-poor-away-form-seriously-threatens-their-place-in-the-premier-league-top-four-1.1161949 )

広告