アーセナルが夏のターゲットにするべき3人の選手

移籍移籍の噂

サッカークラブの移籍市場の動きを予想するのはいつだって難しいものだが、この夏のアーセナルに関してはいつもよりさらに難しく感じられる。補強を担当していたミスリンタートが2月にクラブを去り、アーセナルの移籍戦略がどのようなものなのか未だに明確になっていないからだ。

だが、現在のチームが補強を必要としていることは明確で、今シーズンどのような良い結果を残そうとも、それは変わらない。CL出場権を獲得できればそれに備えたエリートクラスの選手たちの獲得が必要だし、もしCL出場権獲得に失敗したとすれば、上位チームに追いつけるように補強が必要だ。

今の時点ですでに何人かの選手がアーセナルを去ることが確定している。ラムジーはフリーでユベントスに去るし、チェフは引退を表明し、ウェルベックも移籍確実のようだ。

今回の記事では、アーセナルが最優先で獲得に向かうべき三人の選手に絞って紹介しようと思う。もちろん他にも補強が必要なポジションはあるだろうが、チェフの引退はマルティネスの昇格で埋めることが出来るし、コラシナツの成長のおかげで今すぐ左サイドバックを獲得する必要はなさそうだ。

イブラヒマ・コナテ

Embed from Getty Images

ここ何年かの間にブンデスリーガからの獲得がアーセナルは増えた。ミスリンタートの退団により状況は変わるかもしれないが、新CBはドイツの地で見つけるべきだ。

ライプツィヒには素晴らしい若手CBが二人いる。ウパメカーノとこのコナテだ。彼らは20歳と19歳であるにもかかわらず、チームは今季20失点しかしておらず、リーグトップの記録だ。

実際のところ、この二人のうちのどちらかを獲得できればアーセナルにとっては素晴らしい補強となるだろう。コナテの方が若く、かつどちらかといえば知られていない存在なので価格はより安いかもしれない。

また、彼の方が背が高い。フィジカルの強いDFはアーセナルが必要としている選手だ。彼はCBの右側でプレイすることを好むので、左側を得意とするホールディングの良い相方となるだろう。

クリストファー・ヌクンク

Embed from Getty Images

アーセナルは一月にクリストファー・ヌクンクへの本気の興味を示していたようだった。結局はこの移籍は実現しなかったが、この夏、彼の契約は残り一年となる。アーセナルは今回はPSG相手に優位に立てるに違いないと踏んでいることだろう。

エメリの下でのプレイ経験もあるヌクンクは、今季PSGで出場機会を得られないでいる。リーグアンで11試合の先発にとどまっており、これは彼の将来がパリにあると信じさせるに十分ではないだろう。

彼は便利屋として使われることが多く、今季だけですでに右サイドバック、右WB、CMF、右ウイングを転々としている。もちろんこれは必ずしもマイナスではなく、多彩な能力の象徴だが、アーセナルはヌクンクにより明確なプランを用意しているだろう。

ラムジーの移籍が、アーセナルの中盤に大きな穴をあけるからだ。彼は今や毎試合スタメン出場する存在になっており、アーセナルには新たなボランチが必要だ。ラムジーのように、ピッチの両ボックス内で仕事のできる選手が。

また、もしヌクンクがアグレッシブでプレスをかけられるトップ下としてもプレイできるようであればさらに申し分ない。まだ彼は21歳であり、今後の伸びしろも十分ある。将来を見据えた素晴らしい獲得になるだろう。

二コラ・ペペ

Embed from Getty Images

ヌクンクは残り契約期間の関係でお手ごろ価格となっているかもしれないが、この選手を獲得するためには大枚をはたく必要がありそうだ。二コラ・ペペはリール所属の今季大ブレイクした選手の一人だ。

彼の今季の成績はすさまじい。右サイドを主戦場としているが、リーグ戦30試合で18ゴール9アシストを挙げているのだ。彼は裏に抜けるのも得意な左利きのアタッカーで、彼のようなスキルを備えた選手はアーセナルは切実に必要としている。

彼は、ある意味ではウェルベックの代役となるだろう。両サイドでプレイできるし、中央でプレイすることも出来る。チームに異なるダイナミクスをもたらすだろう。冬にアーセナルがペリシッチやカラスコの獲得に動いたということは、エメリが得点力のあるウイングを望んでいる証拠だ。ペペはより若く、投資という面でも遥かに期待値が高い。

彼の獲得競争は熾烈になるだろうが、アーセナルにも可能性はある。もしクラブが彼がいかにしてチームの主要メンバーになれるかということを示せれば、彼がコロ・トゥーレやエブエといったコートジボワールの先輩達の後に続くことも考えらえる。

この3人の選手は、ミスリンタートのとった若手重視の方針とも合致している。将来的に売却し、利益を得ることも可能となるだろう。

また興味深いことに、彼らは三人ともフランス語を話す。オーバメヤンやラカゼット、そしてゲンドゥージが存在感を見せているアーセナルのフランス語圏グループに加わることになるかもしれない。

アーセン・ベンゲルの黄金期を支えたのはフランス語圏の選手たちだった。同じことが、エメリにも起こるかもしれない。

(Source: https://www.unibet.co.uk/blog/three-players-arsenal-must-target-this-summer-1.1159108)

コートジボワールの先輩としてジェルビーニョが完全に忘れられていて笑いました。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137