アーセナルは契約解除条項満額を支払ってでもトーマス・パーティを獲得するべきである

移籍海外記事

アーセナルが時間を無駄にしている、というつもりではないが、トーマス・パーティ関連の報道をあなたが追っているのであれば2度のオファーをアトレティコに断れらたと聞いてがっかりしたことだろう。

一つ目のオファーは契約解除条項の半額+ゲンドゥージとオファーで、二つ目も同じように選手を含めたものだったようだが、即座にアトレティコは拒否したらしい。

本来ならここでアーセナルにはもうパーティ獲得の可能性は低いのだろうかと思ってしまうが、今回のケースでは違う。

トーマス・パーティの契約解除条項の金額は45m£だからだ。契約解除条項は普通かなりの高値に設定される傾向があるが、この額は正直に言って、リーズナブルだと言わざるを得ない。

我々がこの契約解除条項の額を知った時、むしろ市場価格に比べて手ごろだとすら感じたはずだ。

よーく考えてみてほしい。今のアーセナルの中盤を立て直すのに必要な金額は、普通であればゆうに100m£近くのはずだ。

パーティが全てを解決してくれるというつもりはないが、彼はそれにかなり近い存在に思える。

もし我々がセバージョスのローンを一年延長することに成功し、このコストに加えて契約解除条項の満額を支払ってでもパーティを獲得し、彼とジャカ・セバージョスを並べることができれば、これは中盤に必要なすべてを兼ね備えたトリオになるだろう。

守備での機動性、アスリート力、ポジショニング、ボール保持力、創造力、攻撃への貢献。

他にアーセナルがやるべきことはローテーション用のオプションを何人か確保することだけだ。例えばトレイラを売却せず留めてここに加え、誰か若手が控えとして十分な活躍を願うくらいで十分だ。

中盤の2人あるいは3人の席に対して5人のMFを揃えておけば、チームは悪くないものになるはずだ。

パーティの獲得にかかる費用+ローテーションオプション用の少額の資金でアーセナルの中盤の問題の大部分が解決できるのであれば、それは安いものだろう。

source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137