アーセナルがこの夏狙うべきプレミアリーグ内のターゲット5人

移籍海外記事

トッド・キャントウェル (ノリッチ)

既にノリッチ・シティは降格が決まってしまったが、今季彼らは何試合かとてもエキサイティングな試合を見せた。そして、その大部分の中心となっていたのが、22歳のキャントウェルだ。

彼はFA杯でトッテナムを破った際に、ファンに向けて口に指をあてて静かにするよう煽るパフォーマンスまで見せた。

このイングランド人のアタッカーはサカやネルソン、エンケティアと同じエリートプロジェクトグループが代理人会社を務めているため、アーセナルとの関係性は悪くないはずだ。

ラムジーがクラブを去って以来アーセナルの中盤には得点力のある選手が致命的に賭けており、キャントウェルは今季アーセナル、チェルシー、シティ、ウルブズ、ユナイテッド相手に得点を決めている。

彼が数か月後にまたプレミアリーグでプレイしていても全く驚きではない。

エミリアーノ・ブエンディア (ノリッチ)

カナリーズに所属するもう一人の才能にあふれる選手がこのブエンディアだ。23歳ながら7アシストを記録、リーグではデブライネとマディソンに次いで3位のスルーパス数を誇っている。

エジルやセバージョス、ゲンドゥージといった選手たちの将来が不透明になっている今、このようなキラーパスとクリエイティビティを備える選手がアーセナルには必要なのではないだろうか。

ネイサン・アケ (ボーンマス)

ここまで5シーズンに渡ってプレミアリーグに留まってきたが、ボーンマスも今季はついに降格の可能性が高まっている。

彼らの選手たちの中で最も輝いた選手の一人が元チェルシーのCBアケだ。この25歳のオランダ人はボールをもっては落ち着いており、空中戦にも強い。

もちろんこれは誰も気づいていないわけではなく、噂では、ユナイテッドも興味を示しているようだ。

どうやらアルテタは左利きのCBを非常に重要視しているようだし、アケがコラシナツよりも上手くこの役割をこなせるのは間違いない。

チェルシーが買い戻し条項を契約に含んでいるか、あるいは実際にユナイテッドがオファーを出すかを見守らなくてはならないが、なんにせよ、アーセナルも彼の動きを注視すべきだ。

カラム・ウィルソン (ボーンマス)

私個人としては本当はダニー・イングスをストライカーなら推したいところなのだが、彼は今季好調すぎて、移籍金が高騰するのではないかという気がする。

というわけで、アーセナルが狙うなら同じくイングランド人ながらソリッドな成績を残しているウィルソンではないだろうか。

今季8ゴールしか挙げていないが、これはボーンマスの酷い調子とも関係があるに違いなく、昨季は14位のボーンマスで14G10Aを挙げている。

とはいえ、これはアーセナルがオーバメヤンあるいはラカゼットの売却を強いられた場合の話だ。マルティネッリとエンケティアは才能あるエキサイティングな選手だが、もし特にオーバメヤンが去るのであれば、もう少し経験がある選手をチームに加える必要があるだろう。

その場合、ウィルソンは安価でシーズン10-15ゴールを保証してくれる良いオプションになるはずだ。

ルイス・ダンク (ブライトン)

ボーンマスに勝ち点8の差をつけており、ブライトンの残留は揺らがなさそうだ。これにアーセナル戦での勝利が一役買ったのは間違いない。

これが初めてというわけではないが、この試合でもルイス・ダンクは目立っていた。ボーンマス守備陣を率いると、この記事を書いている時点で、ボーンマスの失点数はアーセナルより少し多いだけで、キャプテンのダンクは称賛されるべきだろう。

ソクラティスとムスタフィの契約があと一年で切れることを考えると、彼らのうちの一人、あるいは両方が売却されても驚きではない。

その場合、ダンクはプレミアリーグで100試合以上の先発経験があるソリッドでより頼りになる代役になるだろう。

With the contracts of both Sokratis and Mustafi set to expire in a year, I wouldn’t be surprised to see one or both of them sold. Having made over 100 Premier League starts, Dunk could be a solid, experienced, and more reliable replacement than either of them.

source:


もっとアーセナルの移籍記事が読みたい!!という方はこちらから

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137