【随時更新】アーセナルレジェンド&歴史紹介まとめ

選手紹介

(まだ完結していませんが)アーセナルの歴史にも触れながら出来るだけ時系列に沿って選手を紹介しているので、これを最後まで読めばあなたもアーセナルの歴史通です!

まずはアーセナル誕生の経緯など最初期の歴史です。アーセナルの設立は1886年、日本で初めての電灯が灯る1年前、ノルマントン号事件の年です。

チャーリー・チャップマン

アーセナル最初のリーグ優勝をはじめとして、1930年代の黄金時代の基礎を築いた名監督、チャップマンの紹介です。

ちなみに、チャップマンの偉業の一つである地下鉄駅改名の経緯に関してはこちら。

アンディ・デュケット&ジミー・ブレイン

最も早い時期にアーセナルでレジェンドとしてのステータスを確立した二人です。デュケットに至っては日本が日露戦争を行っていたころの選手です。笑

デイビッド・ジャック&アレックス・ジェームズ&クリフ・バスティン

アーセナルの黄金時代を支えた1920-30年代の3人衆です。流石黄金時代だけあって、この時代の選手たちは出場試合数と比較して、得点数がとんでもないことになっています。

テッド・ドレイク&レッジ・ルイス

こちらも30年代から活躍た選手たちですが、彼らのキャリアは第二次世界大戦後まで続きます。この辺りの選手たちの多くはイギリス軍に加わって戦争に赴いた経験がありますね。

ボブ・ウィルソン&ジョージ・アームストロング

戦争は終わりましたが、1953年以降アーセナルはスランプに陥り、なんと12位や13位といった順位の年もあります。そのせいもあって、50年代にはレジェンドとして人々の記憶に残るような選手があまりいません。

1971年にリーグ優勝を再び果たしていますので、このころのチームの一員だった選手がレジェンドと言われることが多いです。大分時代が最近になってきました。この辺りから、今も存命の選手が少しずつ増えてきます。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137