選手採点 アーセナル vs レスター・シティ(A) プレミアリーグ 2021/2022 第10節

選手採点

GK

ラムズデール: 9 マンオブザマッチ

フリーキックをスーパーセーブで止めて見せたシーンがハイライトだが、それだけではなく、何度もレスターの攻撃陣の前に立ちはだかった。加入から一貫して好調を続けているラムズデールだが、この試合がアーセナルに移籍して以降最高のパフォーマンスだったと言っていいだろう。文句なしのマンオブザマッチ。

弾丸ライナーを通すとんでもないパスを披露したり、相手ファンに煽られながら笑顔とガッツポーズで応戦したりと、セーブ以外にも見どころ満載だった。

DF

冨安: 7

相変わらずの鉄壁っぷりを披露。またしてもクリーンシートを記録。『穴がないので逆に目立たない』とはよく言ったものだ。シュートブロック1、インターセプト3、クリア3を記録。特に一本チームの危機を救う素晴らしいインターセプトがあった。

ホワイト: 7

怪我が危ぶまれたが、結果として先発。安定したプレーを続けており、彼が重傷でなかったとは非常に大きい。

ガブリエル: 8

冨安・ホワイト・ラムズデール・タヴァレスといった選手たちが今季新加入なので、どちらかというと彼らに注目が集まりがちだが、それに負けず劣らず凄まじいパフォーマンスを今季見せている。

ホワイトとのコンビはまだ時間が経っていないながら素晴らしく、7回のクリアを記録。コーナーキックからヘディングで得点を挙げた。

タヴァレス: 7

ティアニーがまだ復帰できていない中で、タヴァレスが素晴らしいプレイを見せているのは頼もしい限りだ。攻撃時の期待感はチームトップクラスで、素晴らしいドリブルを見せたシーンもあった。

試合終盤に2-0でリードしているにもかかわらずチームメイトを追い抜いて全力で上がっていくところも見せたが、加入当初の印象とは裏腹に、守備もソリッドなのはありがたい。

MF

パーティ: 7

クリア4、ボール回収6と、どちらかというと守備での貢献の方が目立った試合だった。左足のミドルシュートを枠にも飛ばした。

ロコンガ: 7

パーティとの連携が深まりつつあるように見える。他の新加入選手の陰に隠れがちだが、タヴァレスと同じく、五大リーグでのプレイ経験もない若手が1年目から自然にチームに溶け込みプレイできているだけでもアーセナルにとっては嬉しい誤算だろう。

スミスロウ: 8

直近の7試合で4ゴールと、得点が止まらない。今回の試合ではこぼれてきたチャンスを見逃さず、冷静に沈めて見せた。

そろそろイングランド代表に召集されるのではないだろうか。

サカ: 7

後半には若干勢いは落ちてしまったようにも見え、そこまで目立ったわけではなかったが、コーナーからアシストを記録。

FW

オーバメヤン: 7

アーセナルのチーム全体がそこまで多くチャンスを作れたわけではなかったため見どころはそこまで多くなかったが、イエローカードで止められた場面は決定機となってもおかしくなかった。

プレスも良く、一時期の不調は脱したように見える。

ラカゼット: 6

スミスロウのゴールを演出した場面を除けば比較的静かだったが、ラカゼットとオーバメヤンの同時起用が今のアーセナルの鍵となっているのは間違いない。

こうなってくるとクラブとしてはラカゼットの後継をどうするかが悩ましい所だ。

交代選手

ウーデゴール: 6

試合を落ち着かせるためにラカゼットに代わって登場。サカに良いチャンスも演出した。

(コラシナツ、ペペは出場時間が短いため採点なし)

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137