エジルからファンへのメッセージ

その他

EL・プレミアリーグ共にアーセナルのスカッドを外れ、アーセナルでの試合出場の可能性が限りなく低くなったことを受けてのエジルのメッセージです。

  

このようなメッセージを書かなければならないのは辛いけれど、僕が当面のプレミアリーグのメンバー入りしなかったことに本当に落胆している。

2018年に契約を延長した際に僕は愛するクラブアーセナルへの忠誠心を示した。

これと同じだけのものをクラブが示してくれなかったのは悲しい。忠誠心というのは現代では稀なものになってしまったのかな。

僕は近いうちにチームに復帰できる可能性があるとポジティブで居ようとしてきた。だからこそここまではずっと沈黙を守ってきた。

コロナの中断期間前は新監督のミケル・アルテタのもとでのチームの発展に非常に満足していたし、僕自身のパフォーマンスも良いレベルにあったと思う。

だがそこから物事は代わってしまった。 僕はもはやアーセナルでプレイすることが許されていない。

ほかにどうやって言えばいいのだろう? 僕はまだロンドンをホームだと思っているし、チーム内に友達も多くいて、ファンとの絆も感じている。

何が起ころうとも僕はこれからも出場機会のために戦い続けるつもりだし、アーセナルでの8年目をこんな形で終わらせるつもりはない。

このようなタフな決断をもってしても、僕の気持ちは変わることはないということを約束するよ。

全力で練習を続けるし、もし機会があれば僕自身の影響力を非人道的行為に反対するため、そして正義のために使い続けるつもりだ。

メスト
#YaGunnersYa

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137