ノースロンドンダービーの110年の歴史を振り返る

歴史

以前、プレミアパブに寄稿させてもらった、英国サッカーの歴史を振り返る記事があったと思うのですが、実はその副産物で、英一部リーグ開幕以来の全ての試合のデータが手元にあるので笑 アーセナル vs トッテナムのノースロンドンダービーに関してはどんな感じなのかちょっと調べてみました!

総合成績

・今までにノースロンドンダービーがリーグ戦で実施された回数: 165回

・アーセナル 75勝 トッテナム 41勝 引き分け 49

・合計スコア: アーセナル259-トッテナム225

アーセナルとトッテナムがリーグでぶつかった初戦は1909年12月4日のことでした。この記念すべき一戦はアーセナルが1-0で勝利を収めています。

ただ、アーセナルが北ロンドンのイズリントンに移転したのは1913年のことなので、まだこの時はライバル関係にはなく、厳密にはノースロンドンダービーと呼ぶことはできない試合ですね。

名前もこのころはウリッチ・アーセナルでした。

1913年以降、アーセナルが拠点を移してから初の一戦は、第一次世界大戦の中断があったこともあり少し間があき、1921年1月15日でした。

この試合ではアーセナルは1-2でトッテナムに敗れています。

これ以降両チームは150試合以上を積み重ねてきたわけですが、総合成績ではアーセナルの75勝49分41敗と大分トッテナムを引き離しています。

とはいえ、合計のスコアではそこまで離れてはいませんね。

豆知識スタッツ

最多得点差の試合: 1935 3月6日 トッテナム 0 – 6 アーセナル 6

ノースロンドンダービーの歴史上最大の圧勝は1935年のこの試合で、ホワイトハートレーンでのアウェイ戦ながらアーセナルが6点差をつけました。

この年はアーセナルが3連覇を達成した3連覇眼の年で、無敗優勝時と並んで歴史上もっともアーセナルが強かったころといっても良いかもしれません。

得点者にはクリフ・バスティンやテッド・ドレイクと言ったレジェンドたちが並んでいます。

ちなみに、トッテナムがアーセナルに最も点差をつけた試合は5-0で、1911年の12月25日、クリスマスの試合です。

両チーム合わせて最多得点: 2004年11月13日 トッテナム 4 – 5 アーセナル

両チームの得点の合計が最多だったのは比較的最近、2004年の試合で、なんと9ものゴールが決まりました。史上最強アーセナル候補の一角、2004年のアーセナルです。無敗優勝を果たした直後のシーズンですね。

またしてもアウェイです、アーセナルはアウェイで大量得点することが結構ありますね。

この試合の先発はレーマン、コロ・トゥーレ、ローレン、コール、シガン、ヴィエラ、セスク、フレディ、レジェス、アンリ、ベルカンプとまたしてもレジェンドがそろい踏みです。ロビンもベンチから登場しています。

アンリ、ヴィエラ、ローレン、ユングベリ、そしてベンチから登場したピレスら役者が皆一点ずつ決め、アーセナルが接戦を制して勝利を収めました。

さて、今日の試合が166試合目のノースロンドンダービーとなるわけですが、その結果はどうなるでしょうか!
願わくば勝利をおさめ、久々のセントトッテリンガムデイに向けて弾みをつけたいところです。

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137