アーセナルには本当に新ストライカーが必要なのか

移籍海外記事

アルテタが指摘したアーセナルの補強ポイントの一つは、アタッカー、という少しあいまいなものだった。多くのメディアはこれをクリエイティブなアタッカーととらえ、ウィリアンやコクチュ、ジャック・グリーリッシュといったうわさが上がっているが、これは、ストライカーととらえることも出来る。

現状のアーセナルの優先度としてはストライカーの方が低そうだが、これはオーバメヤンとラカゼットの去就次第だ。

現時点では、オーバメヤンの退団は不可避に見える。また、ラカゼットも移籍してもおかしくはないだろう。彼のここまでのアーセナルでの活躍は悪くないが、そこまで良いともいえず、またラカゼットは移籍市場でそれなりの値がつく可能性がある。

もし、彼らが2人とも移籍してしまうのだとすると、アーセナルはより真剣にストライカー探しに取り組む必要がある。エディー・エンケティアはポテンシャルのある若者だが、彼は来季アーセナルのメインストライカーになる準備が整っているだろうか?

恐らくまだ早い。

だが例えば、オーバメヤンを失うとしても、もしラカゼットを留められるのであれば、ラカゼットとエンケティアの二人はアーセナルのFWとして十分だといえるだろうか?

私の意見では、その答えはイエスだ。アーセナルの問題はゴール前よりもむしろそこまでボールを運ぶ過程にある。アーセナルにはペペ、マルティネッリ、サカといった得点力のあるウイングが揃っており、彼らを活かすことが出来る悪くないストライカー(ラカゼットとエンケティアにはその素質があるだろう)さえいれば、そこまでチーム全体の得点が減少することはないだろう。

もちろん結局はこれは予算の問題で、もしアーセナルがラカゼットを売却して得られる資金、あるいはそれ以下の値段で、ルカ・ヨビッチやエドゥアルドを獲得できるなら獲得すべきだろう。

だが、やはりアーセナルが補強をより優先するべきエリアは他にもある。アーセナルには新しいストライカーが必要か、という問いに答えるのは容易ではないが、現時点では、何か劇的な動きがない限り50/50といえる。

Source:

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137