ようこそ!パブロ・マリ!強みと弱みを徹底分析 後編

選手紹介

(この記事は前編の続きとなっています)

素晴らしい空中戦の強さ

パブロ・マリが特に秀でているのは空中戦だ。193cmの体格を生かし、空中戦勝率は71%、90分当たり2.5回の空中戦勝利を記録している。

pablo-mari-defender-arsenal-transfer-target-scout-report

これは、シュコドラン・ムスタフィと比較すると、本数的には少ないが、ムスタフィの試合数はサンプルとしては非常に少ない。どちらにせよ、マリが空中でボールを奪取するのが上手いことに違いはない。

弱点

彼の弱点に関してはすでに何度か触れたが、やはり特に際立つのは陸上での一対一の弱さだろう。理想的には、DFはスピードに不安を抱えている場合、相手に近づきすぎない方が良い。

pablo-mari-defender-arsenal-transfer-target-scout-report

足の遅いディフェンダーは、相手FWより後ろに構えている場合でも、相手の足の速さを計算し、彼らの走りこむスペースを消せる位置にポジションを取らなくてはならない。

しかし、マリは相手FWのすぐ隣に位置していることが多すぎる。そして、積極的にボールを奪取しようとするため、逆に簡単にかわされてしまうこともある。

既に言及したように、素晴らしい読みで挽回できることもあるが、よりずるがしこく、素早く力強いプレミアリーグのFWを相手にした際には、パブロ・マリが相手と1対1になった場合、シュートまでもっていかれてしまうだろう。

もちろん、アルテタがそれを計算に入れ、マリとの1対1を作る場面を減らそうとすることは考えられるが、彼自身ももう少し改善しなければならないだろう。

結論

この冬にアーセナル移籍が噂された二人のCBを比べれば、恐らくマトヴィエンコの方が優れたCBだろう。彼の方がスピードがあるし、ロングパスの精度も上に見える。

だが、特にローンなのであれば、マリは悪いチョイスではない。彼の試合の読みはソリッドだし、パスの精度も悪くはない。

ミケル・アルテタはここまで素晴らしい手腕で選手の強みを生かし、弱みを緩和することができている。同じようにアルテタがパブロ・マリを活躍させてくれることを期待しようではないか。

(Source: http://youaremyarsenal.com/pablo-mari-defender-arsenal-transfer-target-scout-report/ )

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137