エメリの解任を遅らせたおかげでアーセナルは苦境に陥った。サンジェイはその責任を負うべきである

フロント

ミケル・アルテタ就任からの最初の数週間で、アーセナルは劇的に改善された。もちろんチームの自信と調子が悪すぎたため、これと比べればどんな状態でも改善されたことになるのには違いなく、 恐らくここからはよりゆったりしたペースでの向上になっていくのだろうが 、今のチームにはインテンシティ、明確なプランが存在しているという証拠が見える。

そもそもアーセナルがここまでの苦境に陥った理由は単純で、エメリの解雇までに時間をかけすぎたからだ。サッカー界である程度時間を過ごした人物であれば、直感的にチームがもう後戻りできないところまで来ており、監督が選手の信頼をなくしていると直感的に気付けてしかるべきだった。

サンジェイがこのことに気づけなかったというのはアーセナルにとって非常に大きな心配の種だ。エメリのガチョウはカリッカリに焼け焦げていたというのに。(訳注: 英語の表現で、ガチョウに火が通る、で年貢の納め時、の意。)

オーブンからは煙が上がり、火災報知機は鳴り響いていた。それにもかかわらず、サンジェイはTVのリモコンで何とかしようとしていたのだ。アーセナルで強大な力を持つフロントが、誰の目にも明らかな失敗に対処するのに失敗したというのは大きな懸念事項だ。

11月のレスター戦、予想通りの2-0での敗戦後に代表ウィークのため2週間プレミアリーグは休みだった。もうその遥かに前からエメリの命運が尽きていることは明らかで、タイミング的にはここが監督交代の絶好のチャンスだった。

後継者についてリサーチする時間と、新監督が選手たちと共に準備する時間を得られたはずだからだ。さらに、その直後の日程もサウサンプトン、フランクフルト、ブライトン、ウエストハムとそこまで厳しくない。

アルテタは12月終盤まで待たずとも、11月の時点ですでに招聘できたはずだし、チームに彼のやり方を浸透させる時間をより多くとれていただろう。

だが代わりにアーセナルはエメリにしがみつき続け、監督交代の期待を逸した。最終的には過密日程の中新人のユングベリを立て直すのが不可能な状態で放り込むこととなった。ユングベリのコーチングスタッフはGKコーチとアカデミー長と兼任のメルテザッカーしかいなかった。これは、サッカークラブが健全に運営されている証とは言えない。

そして、当然の結果だが、ユングベリがアーセナルを立て直せないことが明らかになるとアーセナルはパニックに陥り、アルテタの招聘を目指した。

もちろん、結果的にこれが大成功となる可能性は大いにあるし、そうなるだろうと私は信じているが、だが、そこに至るまでのプロセスは非常にお粗末なものだった。

アルテタは一年で一番忙しいクリスマスの時期に初戦を迎え、チェルシーとユナイテッドを迎え撃たなくてはならなかった。これらの状況を考えれば、サッカー長のサンジェイ(報道によると彼はエメリと契約延長するつもりだったのだという)が明確なプランに従って動いていなかったのは明らかだ。

また、フロントに関する懸念はこれだけではない。昨年夏の移籍市場は当初はエキサイティングなものだと考えられていたが、実際はチームをむしろ弱めただけだった。

もちろん、これがすべてサンジェイのせいというわけではなく、ペペの適応に時間がかかっていることや、ティアニーとセバージョスがケガがちなことを彼の責任にしたいわけではない。

イウォビやムヒタリアンの放出も、それ自体は論理的なものだったが、同じような選手を補強することが出来なかったのはチーム構築に関して非常に残念だというしかない。

特に、イウォビの売却は、ペペにお金をつぎ込みすぎたために焦って決定したもののように思われる。

イウォビはワールドクラスの選手というわけではなかったが、チームに確実に居場所のある選手だった。本当にプラン通りの放出であったのであれば、似たような代役をラインナップしていたはずだ。移籍市場最終盤に、全くタイプの違うウイングであるペペを獲得したためイウォビを放出する、というのはプランの欠如の証明だ。

恐らくプレミアリーグのトップ3はもう揺らがないだろう。だが、チェルシー、ユナイテッド、スパーズは皆苦戦しており、エメリ体制の平凡なアーセナルですら、恐らくある程度のスカッドが備わっていれば、トップ4争いを繰り広げていたことだろう。

今季アーセナルがトップ4争いに参戦できていないのは、ラウール・サンジェイの責任であり、彼のポジションは慎重に再評価されなくてはならない。

(Source: https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/delaying-unai-emerys-sacking-cost-arsenal-raul-sanllehis-position-should-be-reviewed-1.1350548 )

スポンサーリンク

関連記事(広告含む)

Posted by gern3137