選手採点 vsトッテナム(H) ハイライト付き

オリジナル, 選手採点

惜しくも引き分けとなりました!前半はもっと失点していもおかしくなかったですが、後半は大分押していたので、フェアな結果と言えばフェアな結果でしょうか。ゲンドゥージが覚醒の兆しを見せたのは大きなポジティブと言えそうです。

GK

レノ: 6

評価の難しい試合となった。何本か素晴らしいセーブを見せてチームを救う場面もあったものの、一失点目の場面はキャッチするならキャッチする、弾くなら弾くでもう少し遠くへ弾くべきだった。

そもそもあの失点をレノのミスによる得点、というわけにはいかないし、総合的に見ればレノに救われた面の方が大きかったと思う。ただ、ケインのシュートをこぼした場面も非常に危なかったし、ここは今季改善されるか注目したい。

DF

ナイルズ: 6

大活躍!というほどではなかったものの、正直プレシーズンでは不安しかなかった分、ここまで右サイドバックとして守備に穴をあけることなく普通にやれているのは評価したい。

ただ、やはり懸念点としてはこれだけはベジェリンにも負けない!のような特筆すべき能力がないためあくまで便利屋止まりになってしまいそうなことか。

ルイス: 5

一失点目のシーンでは相方と同じくあっさりやられてしまったが、他の場面ではタックル成功率100%を誇るなど、良い守備も披露。身長があってロングパスが出せる、という点をボランチにエメリ監督が求めているのだとしたら、ホールディングが復帰したらそれこそボランチに置いて同じ髪型二人で攪乱する大作戦をしたら面白そう。

ソクラティス: 4

やっちまった人その1。失点場面以外では特に後半ソリッドだったが出て行って完全にジャカと被ってしまい、その裏を突かれてかつ最後までエリクセンについていかず(いけず?)こぼれ球を決められる、という残念な守備を披露。それ以外は良かったとはいえチームを支えるべきベテランCBがこれでは困るのである。

あと何が起こったのかよくわからないが右サイドを駆け上がっていって最終的にプロレスを1試合して帰ってきたと思ったらイエローカードをもらっていた。そしてコーナーでアルデルヴァイレルトと競り合ってるときに相手が手をあげてるのに一人で倒れてアルデルヴァイレルトが『は?何やってんだこいつ?』って顔していたのは笑った。

コラシナツ: 5

相変わらず攻めの迫力にステータス全振り、の感がある。笑 しかも迫力だけはあるがクロスはあんまり通せない、という残念な感じだった。一番最初のペペへのボールが一番惜しかっただろうか。

これで守備のやる気があまりない、ではやはり採算が合わないのでティアニーが前評判通りの選手ならばあっさり控えに降格してしまいそうだ。

MF

ゲンドゥージ: 9

MVP。前半はボックスの角でゲンドゥージが持っても手詰まり感が凄いな、などと思っていたらそれを覆すように大覚醒。突如ピルロに変貌して(本家はもう少しロングレンジかもしれないが)オーバメヤンにぴたりとロブスルーパスを合わせてみせた。

後半は素晴らしいインターセプトも連発、ジャカとトレイラを足して二で割らない、みたいな素晴らしい活躍だった。ファイナルサードでチームに貢献できる&この調子をコンスタントに維持できれば正真正銘の怪物MF爆誕なので今季が非常に楽しみ。

ジャカ: 3

やっちまった人その2。もちろん守備に関しては、チームとしてジャカ以外の二人が遥か彼方にまで上がってってしまって俊敏性を欠くジャカがカウンター対応にポツンと残されるのはどうなのか、という問題はあるのだが、それとは全く関係ないところで一点献上してしまった。やはり、他の能力がどんなに優れていても定期的にこういうプレイをやってしまうようではやはり全幅の信頼は置けない。

ダービーでのPKともなれば、どういうファウルでも多少の物議は醸すものだが、今回はリプレイを見て世界中のアーセナルファンが『お、おう、、これはPKだな・・・』となったに違いない。何故ペナルティエリア内で体を投げ出しに行ってしまうのか。

そして、ミスとは別にやはり走力と俊敏性不足なのが気になった。

トレイラ: 5

監督の指示だったのかもしれないが、非常に高い位置をとることが多く、中盤を守るというより前からプレスをかけているシーンが目立った。コンディションがまだ整いきっていないのか、戻り切れないこともあり、ジャカを孤立させてあたふたさせる主要な要因となってしまっていた。

FW

ペペ: 7

点だけ決められなかったスピードとキープ力のお化け。ストライドは大きいのにタッチは割と細かい、というのはアレはいったいどうなってるのだろうか。

2,3人に囲まれてもものともせずなんかよくわからないうちに抜き去っているのは非常に心強かった。点に繋がったのはラカゼット自身のプレイが大きいとはいえアシストも記録したし、これでフランス時代のように点も決まり始めれば正真正銘のワールドクラスのウイングになれそうだ。

まだまだプレミア先発二試合目なので焦らず自分のペースで行ってほしい。

オーバメヤン: 7

やはりエース、欲しいところで決めてくれた。ゲンドゥージのパスも素晴らしかったが、あのボールに走り込んで、焦らず優しくゴールに決められるところは流石である。

サンチェスを相手に優位に立ち、何度かクロスを上げていたが、”そうじゃないねん”感はすごかった。とはいえ、ラカゼットも素晴らしいためどちらを中央で使うのかは難しく、やはりオーバメヤンはサイドで使い、彼が中に流れてこられる仕組みを整備した方が効果的のような気がする。

ラカゼット: 8

ビッグゲームで強いラカゼットが今日もその実力を発揮。ペナルティエリア内での細かいタッチからシュートコースを見つけ出して至近距離からニアにぶち込む、という形はもう世界でもトップクラスの職人芸なのではないだろうか。

守備にも献身的に奔走したが、お決まりのプレスバックからファウルして危ない位置でFKを与えるやつだけはなんとかしてくれ笑

交代選手

セバージョス: 7

トレイラに代わって出場。いきなりあいさつ代わりに惜しいミドルシュートをぶっ放して観客を煽ったりと相変わらずファンの気持ちを掴むのが上手い。何気にミドルシュートを枠に飛ばすのもすごく上手い。

その後も相変わらずのお洒落プレイでトッテナムに圧力をかけ続ける手助けをした。ボールをドリブルしながらパスコースを探せる選手というのはやはり良い。これだけのプレイを見せられるのであれば今後もスタメンに名を連ねそうだ。

ムヒタリアン: 4

arseblog氏に決闘に持っていくつまようじくらい役に立たない、と酷評されていた。笑 そこまでかどうかはわからないが、途中出場したはいいもののタッチがずれがちで試合に貢献は出来なかった。

広告