オリジナル, 選手採点

相変わらず守備、特にクロスへの対応が怪しく、かつ得点期待値的にはアーセナルは1点を少し上回る程度ながら前線の個の力で何とか勝利!という昨季何度かパターンを継続、ということになりました。若干の不安は残るものの、チームとして形が出来ていたが決めきれず敗北、よりも個人技で勝利!の方が遥かに好ましいことも事実なので、今日はとりあえず勝利を祝いましょう!

セバージョス最高!

オリジナル, 選手採点

ついに待ちに待った開幕戦となりました!例年アーセナルは開幕戦の成績があまり芳しくなく、かつ去年鬼門だったアウェイ戦ということで、どうなるかと思われましたが、若干怪しい場面もあったものの何とか勝利となりました。しかもクリーンシートということで、昨季のシーズン通算のアウェイでのクリーンシート記録(1)に既に並びました。笑

海外記事, 選手採点

シーズン最終節は危うい場面もありましたが結果的にはアーセナルが快勝、オーバメヤンが得点王を獲得し、エンケティアもプレミアリーグ初得点とEL決勝に向けて弾みのつく結果となりました。

オリジナル, 選手採点

2人のストライカーの素晴らしいパフォーマンスで、アーセナルがチェルシーとの決勝に駒を進めることが決定しました!攻守ともに崩壊気味のところを無理やりオーバメヤンとラカゼットがアーセナルを引っ張ってきた感も少しありますが、まあもうここまできたら細かいことは気にしていられないのであと一試合引っ張っていってくれることを祈りましょう!

オリジナル, 選手採点

同じくトップ4を争うチームが躓きに躓く中アーセナルもその例に漏れず派手に躓いてしまった。50年以上ぶりの3試合連続3失点を決めてなお数字の上ではまだトップ4入りの可能性が残っているというのが今季の混戦っぷりを象徴しているが、アーセナルのパフォーマンスを観るに、現実的にはほとんど望みはないと言わざるを得ない。振り返って考えると、ラムジーの負傷離脱がターニングポイントだったと言えそうだ。

海外記事, 選手採点

アーセナルトップ4入りの望みが風前の灯!

オリジナル, 選手採点

先日、アーセナルファンがあまりアウェイアウェイ騒いでいるとホームで衝撃の敗戦!みたいなのもありそうなので油断できません。と盛大にフラグを立てていたのだが、きっちり回収されてしまった。ナポリ戦からあまり間隔があいておらず、疲れもあったとはいえトップ4レースの行方に影を落とす結果となった。

正直なところ、精密な分析家として知られるエメリが何故ここまでザハ擁するクリスタル・パレスを侮ったスタメンで臨んだのか少し理解に苦しむ。

オリジナル, 選手採点

アーセナルがらしからぬ”大人な”パフォーマンスで勝利をおさめ、ナポリを破って準決勝進出を決めましたね!アウェイでも一発勝負やビッグゲームだと良いパフォーマンスを見せられる印象があります。

オリジナル, 選手採点

アウェイでアーセナルが今季初のクリーンシートを達成しました!エヴァートン戦を観た後は正直なところ、これはもうこのままシーズン終了までアウェイでクリーンシートなしで乗り切ってしまうのではないかと思い始めたタイミングだっただけに、この一勝は非常に大きいですね。

ナポリ戦を見据えてローテーション気味だったこともあってか、内容としては試合のほとんどを戦うことになったワトフォード相手に大苦戦、印象としては押されていたくらいでしたが、もうここまで来たら細かい修正は来季にまわすとして、気合で結果を出したもん勝ちです。エメリ監督は博打に勝利しましたね。

オリジナル, 選手採点

先日のエヴァートン戦のパフォーマンスはどこへやら、内弁慶外地蔵っぷりもここまでくるともう痛快の感さえある。展開的にはもう数点取れていてもおかしくなかったアーセナルがセリエA2位につけるナポリ相手に見事快勝!という形になった。