オリジナル

開幕から二か月くらいが経ち、ある程度各チームの雰囲気もつかめてきたところなので、ここらあたりで読んで字のごとく、今季のアーセナルに関する予想をいろいろしてみました!

また読者参加型アンケート型企画もやる予定なので、今回はそれに先立って僕の予想という感じですね!

オリジナル

三度の飯より有望な若手が好きなアーセナルファンの皆さんのための、今季注目の若手紹介です!

オリジナル, 選手採点

昨年の連続無敗時代を彷彿とさせる、内容は微妙ながらも勝利、という結果でした!混戦ながらマンチェスターシティに勝ち点1差に迫る3位です!結果を拾えているうちに何とかチームを改善させてほしいものです。

オリジナル

今季からついにプレミアリーグでも導入され、いろいろと物議を醸しているVARですが、先日Jリーグでの導入も決定されましたね!どのような条件でVARが介入し、あるいはVARが介入しないのか、そして介入する場合はどういう扱いになるのか、プレミアリーグの公式ページを参照しながらまとめてみました。

(出来るだけVARに関するルールを精確に読み取るよう努めましたが、もしかすると解釈が間違っている可能性もあります。また、これがそのままJリーグでも全く同じとは限りませんのであしからず。)

オリジナル, 選手採点

死闘!

チームとしての出来はモヤモヤしたものが残りますが、10人で1点差で負けている状態から二度も追いつき、そのまま逆転というすさまじい試合展開の試合となりました!

オリジナル

元アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がファンからの質問に答えるという企画に出ていたので今回はその動画を訳してみたいと思います!

(面倒だったのでファンのアイコンはそのままオーンスティン氏のやつを使っていますが、今回はオーンスティン氏は登場していません笑)

オリジナル

結果だけを見れば、苦手のアウェイでワトフォード相手に2-2の引き分け、というのはそこまショッキングではないのでしょうが、下位の相手に被シュート数31というアーセナル史上ワースト記録を達成、かつワトフォード史上最多記録を手助けしてしまったりと、戦術的に見て不可解なまでの大敗北を喫してしまったことは、アーセナルファンに大きな衝撃を与えました。

また、それはこの試合に限ったことではなく、昨季から既に被シュート数の多さとアーセナル自体のシュート数の少なさは指摘されていましたし、今季ここまで被シュート数96というのはプレミアリーグワースト記録で、平均で一試合当たりなんと20本近くシュートを打たれていることになります。

もちろん、まだシーズンは始まったばかりで今すぐ何かアクションを、という意見はそこまで多くありませんが、アーセナルファンの間でもウナイ・エメリ監督の手腕に疑問符が付き始めています。

個人的にはまだ少し時期尚早なのではないかとも思いますが、今回はなぜウナイ・エメリ監督のアーセナルにファンが不満を募らせているのか、考察していきたいと思います。

オリジナル, 選手採点

ディーニーが欠場するとワトフォードに勝てなくなるアーセナル。

オリジナル

大量放出、かつ補強ポイントを絞った獲得で大革新の夏となったアーセナルですが、確かに経験という意味では年齢が高い選手、あるいはアーセナルに長期在籍ている選手がほとんどいなくなってしまい、若干心もとないのは事実です。

ですが、逆に言えばそれはエメリには後半途中からムヒタリアンのような経験のある選手を投入したり、モンレアルを投入したり、というオプションがなく、若手に頼らざるを得ない状況をフロントが作り出した、ということでもあります。