オリジナル

移籍話の進展もなく、エドゥのTD就任が公式発表されたほかは特に何もニュースがなくブログのネタがない、と嘆いていたところにとんでもない爆弾ニュースが投下されました。

新聞記事どころか公式サイトの公式声明で、『ローラン・コシェルニーがアメリカツアーへの帯同を拒否した。我々はローレンの行動に非常に失望しており、事態を解決すべく努めている。』と発表したのです。

オリジナル

さて、移籍市場も残り1か月ということで流石にエンジンがかかってきてくれないとマズい、というかむしろエンジンがかかってきてくれと祈るような気持ちでニュースを眺める方もいるかと思いますが、最近のアーセナルの移籍市場での動きに関するアップデートです!

オリジナル

海外サッカーファンにとっては、夏と言えば移籍市場!なのですが、それは同時に、一年を通して唯一のリーグ戦がないシーズンオフ期間でもあります。

アーセナルの移籍の話もどうも進展がないのでブログのネタもなく、せっかくのタイミングですし皆さんに投票してもらってアーセナルの歴代イレブンを決めよう!という企画を思いつきましたのでもしよければ是非参加の方よろしくお願いします!

オリジナル

ガブリエル・マルティネッリの獲得が発表されたとはいえ、今のところティアニー獲得に関しても目立った進展はないようですし、若干出遅れている感が否めないこの夏のアーセナル。

その背景には、フロントが放出したがっている選手が多くいるにもかかわらず、その目途が立たず、どれくらい獲得に売却益を回せるかが不透明、というのもあるのではないかと思います。

というわけでフロントが売却したがっているトップ3と言われている、エジル、ムヒタリアン、ムスタフィの3人がどれくらいの給料を得ているのかまとめるとともに、この3人分の給与が実際にどれくらいの額なのかイメージがつくように合計額で賄える選手たちのベストイレブンも作ってみました。(値はメディアによって微妙にずれがあるので、大体となっています。)

*別にだからと言ってこの3人を売却すべき!!!と言いたいわけではないのであしからず。何ならエジルには来季復活してもう一度アシスト王を獲得してほしい。

オリジナル

オーンスティン氏のコメントなど、重複してしまう部分も出てきてしまうかと思いますが、アーセナルの移籍市場での動きが忙しなくなってきましたので、アップデート版です!

オリジナル

移籍市場期間の風物詩、アーセナルに関するニュースの精度は抜群なののでおなじみのBBCスポーツのデイビッド・オーンスティン氏ですが、この数日の間にツイートとラジオで色々な情報をまた語っていましたので、まとめてみました!

オリジナル

この夏は、アーセナルが興味を持っているという選手は色々と報じられていましたが、あくまで噂レベルにすぎませんでした、ですが、ここにきてついに、事実に基づいており、実際に交渉を進めていると思われる報道が現れました。

ターゲットはキーラン・ティアニー、何度オファーを出しているか、オファー額なども報じられていますし、BBCのオーンスティン氏も事実だと認めていますので、アーセナルがセルティックと交渉しているのは間違いありません。今回は、彼がどういった選手なのかまとめてみました。

オリジナル

もしよければ、昨日のDF&中盤編もあわせてお読みください!すいません、また前編をどういう文体で書いていたか忘れて統一するのを忘れました。笑

オリジナル

アーセナルの移籍の噂が全体的に、フレイザーも来ない?カラスコも来ない?クロード=モーリスも来ない?サリバはレンタルでサンテティエンヌに残すので今年は来ない?ということで誰も来なさそうになってきてしまったので、さすがにないとは思いますが、もし誰も来なかったら、という前提で、現在ユースチーム所属でステップアップできる可能性がありそうな選手たちをまとめてみました!

オリジナル

昨日の記事と若干関連性がある点もあるのですが、今季のアーセナルの重要な補強ポイントになるであろうウイングのポジションで、現時点でアーセナルが獲得する可能性がありそうな二人、カラスコとクロード=モーリスを比較してみたいと思います!