オリジナル

日曜日にアーセナルがブライトンと引き分けたことで、最終節でアーセナルが勝利+トッテナムが敗北+8の得失点差をひっくり返す、という非現実的な結果にならない限りはアーセナルの順位は5位か6位で確定、CL出場権の望みはEL優勝のみ、ということになります。

一応数字上はまだ可能性は0ではないですが、実質今季のアーセナルにとっての国内リーグ終了といってもいいでしょう。総括というか振り返りはまたきちんとやりたいと思いますが、とりあえず最終盤でのブレーキを受けて思う所(主に何が問題なのか)を書いてみたいと思います。

オリジナル

チェルシー、アーセナル、ユナイテッドの3チームが躓きに躓いたため、流石にトッテナムはもう安泰だろうと思われていましたが、ここに来てまさかの退場者を二人出してボーンマスに敗北と無理やり参戦してきたため、4つ巴の様相を呈しているトップ4レース。

4チームの躓きっぷりを振り返ると共に最終的な展開を考えていきたいと思います。

オリジナル

まだまだヨーロッパリーグやトップ4争いの真っただ中でシーズン最終盤で佳境を迎えているアーセナルですが、シーズン終了すなわち夏の移籍市場の開始ということで、同時に着々と来季も見据えた戦略も立てていかなければなりません。

夏の補強に関する記事はいくつか書いていきたいと思っていますが、とりあえず第一弾としてまず、実際のターゲットなどとは関係なく、チームのどのポジションが補強ポイントなのかまとめていきます。

オリジナル

プレミアリーグでの不調のおかげで今やより現実的なCL出場権獲得ルートともいえるヨーロッパリーグ準決勝のファーストレグ、ホームでのバレンシア戦の選手採点です!

オリジナル

最近絶不調に陥っており、プレミアリーグはここ5試合で4敗、しかも残りの一勝もエース兼キャプテンのディーニーを欠いた10人相手のワトフォード辛うじて1点差での勝利と物凄い大ブレーキをかましているアーセナルですが、リバプールとシティを除くプレミアトップ4争いのライバルたちはどこも似たり寄ったりの様相を呈しています。

勝ち点的に最初が非常に有利だったために絶望的に感じますが、客観的に見ればまだトップ4入りの望みはありますし、EL経由でのルートももちろん残っています。今回はアーセナルがどのような条件でCL出場を果たせるのかを改めておさらいしたいと思います。

オリジナル

先ほどツイッター上で某アーセナル戦術ライターのお二人が非常に興味深いやりとりをしていたので、それを光の速さでパクらせて・・・じゃなかった、そこから着想を得て、アーセナルの得点力の秘密を探っていきます!

得点力?アーセナルってそんな得点してる?と思われたかもしれませんが、実は、アーセナルはプレミアリーグで一番 xG(得点期待値、チャンスの質から考えて、どれくらいの得点数を挙げているべきかを示す数値) を上回る数のゴールを挙げているチームとなっているのです。

データはunderstatというサイトのものを参考にしているのですが、アーセナルは得点期待値59.56に対して実得点69と実に9.44も上回っており、これはリーグ二位のリバプールの+7.73と比べても以上といえる数字です。(ちなみに3位はトッテナムで、4.85)

オリジナル, 選手採点

同じくトップ4を争うチームが躓きに躓く中アーセナルもその例に漏れず派手に躓いてしまった。50年以上ぶりの3試合連続3失点を決めてなお数字の上ではまだトップ4入りの可能性が残っているというのが今季の混戦っぷりを象徴しているが、アーセナルのパフォーマンスを観るに、現実的にはほとんど望みはないと言わざるを得ない。振り返って考えると、ラムジーの負傷離脱がターニングポイントだったと言えそうだ。

オリジナル

複数のメディアでアーセナルへの加入に合意したと報じられ、この夏最初の獲得になるだろうとされているブラジル人17歳FWガブリエル・マルティネッリについて、Football Londonの分析記事などを参考にしつつ、解説していきます!

オリジナル

パレス戦を受けて悲観的なムードに包まれているアーセナル界隈ですが、まだ4試合残っているということで、見つかりうる限りのポジティブな要素を、海外記事風につづってみました。

オリジナル, 選手採点

先日、アーセナルファンがあまりアウェイアウェイ騒いでいるとホームで衝撃の敗戦!みたいなのもありそうなので油断できません。と盛大にフラグを立てていたのだが、きっちり回収されてしまった。ナポリ戦からあまり間隔があいておらず、疲れもあったとはいえトップ4レースの行方に影を落とす結果となった。

正直なところ、精密な分析家として知られるエメリが何故ここまでザハ擁するクリスタル・パレスを侮ったスタメンで臨んだのか少し理解に苦しむ。