海外記事

今季のカラバオ杯の初戦は、これ以上ないという結果だった。美しい攻撃と統制の取れた中盤、そして驚くべきことにソリッドな守備陣が組み合わさり、5点を奪っての快勝を手にしたのだ。

しかも、この5点を決めた選手の平均年齢は二十だった。彼らがアーセナルをカラバオ杯第4ラウンドへと導いた。以下に、この試合からわかった5つのことを見ていこう。

サイドバックがアーセナルに革命を起こす

本来アーセナルのファーストチョイスのサイドバックであったはずの二人、ベジェリンとティアニーは二人ともけがを抱えた状態でシーズンを開始した。ティアニーはスポーツヘルニアからの回復中で、ベジェリンは昨季の前十字靭帯断裂からのリハビリを続けていた。

だが今回の試合でティアニーは先発、ベジェリンは途中出場で今季ファーストチーム初出場となった。.

ティアニーのパフォーマンスは素晴らしかった。ダイナミック且つアグレッシブで、ボールを持てば前に走り、一度ならず相手DFをかわすこともして見せた。

いくつかタックルも決め、フィジカルなバトルも怖がっていなかったし、逆にボールを奪うことを狙いすぎることもなかった。さらに、クロスの腕前も一流であることを示し、得点につながっていてもおかしくなかったクロスを何本も放り込んだ。

ベジェリンが活躍する時間はより短かったが、出場するや否やアシストを決め、出場した15分間に関して言えば、シャープに見え、コンディションは良さそうだった。

今のアーセナルのチームはエネルギッシュでダイナミックなサイドバックを切実に必要している。この二人がチームに革命を起こす日も近いだろう。

存在感を示すチェンバース

チェンバースは3試合連続での出場となったが、今日の試合ではいかにも急造右サイドバックといった感じではなく90分を通してカフーのようなプレイを見せた。

最初の10分で非常に重要なインターセプトを3,4回見せたのを皮切りに、高い危機管理能力と予測力を発揮、そしてその後攻撃でも活躍した。ペナルティエリアへ危険なクロスを放り込んでチャンスを何度も作り出したのだ。

その後左サイドバックに移されたが、彼の攻め上がりは衰えず、ネルソンに素晴らしいアシストを記録した。

恐らくより優れたチーム相手にチェンバースを右サイドで使えると考えるのは楽観的すぎるだろう。彼はターンが遅く、例えばユナイテッドのダニエル・ジェームズのような選手相手には苦戦するはずだ。

だが、この試合はフラムで昨季見せた改善をエメリに示すのに十分だった。彼のパフォーマンスはプレミアリーグ先発に値するもので、これをエメリが長く無視し続けるのは難しいだろう。

ネルソンとウィロックは準備が整っている

アーセナルに数多くいるユース卒の有望選手の中でも最も顕著な成長を見せているのがウィロックとネルソンだ。彼らはともに既にプレミアリーグでの先発も何度もあり、ウナイ・エメリは大事な試合で彼らを信頼している。

そして、この試合でその理由が明らかになった。ウィロックはこの日ピッチ上で最も優れていた選手だった。中盤を支配し、パスは素晴らしく、より低い位置でチームのメトロノームのような役割を果たした。

いつも通りエネルギーにあふれ、守備時には何度かよいタックルまで披露した。そして、得点まで決めて見せたのだ。シンプルなゴールだったが、これこそがまさにウィロックの正しい時に正しい場所に顔を出すという才能を示している。

一方でネルソンは試合を通して相手にとっても最も危険な選手だった。先制点に絡み、二点目をアシストし、4点目を決めた。外から中に入り、空いたスペースでいつもボールを要求した。彼は素早く、ドリブルでDFをかわすことが出来る。スペースがあれば何本か良いシュートも放った。

二人が毎週のように先発するかどうかまではわからないが、二人ともより大きな役割を果たす準備はできていると示して見せた。エメリはそれにこたえるつもりがあるようで、今季はとてもエキサイティングになるに違いない。

輝くマルティネッリ

マルティネッリが決めた二点は素晴らしかった。一点目は素晴らしい走り込みだったし、チェンバースとネルソンの良いパスが起点となり、勇敢で正確なヘディングだった。二点目に関しては少しラッキーだったが、シュートを打つまでのスペースの作り方が非常にうまかった。

だが、それ以上にバランスの取れたオールラウンドなプレイを見せたことを評価されるべきだ。相手がボールを保持しているとき、マルティネッリは相手をいらだたせるのが上手かった。数えきれないほどタックルをかまし、フォレストのDFに時間を全く与えなかった。

ボールを失っても気を落とすことなく、即座に奪い返すために走り出していた。彼はセンターフォワードとして必要な素質を備えているように見える。

少しチームメイトへのパスが遅れたり、パスのオプションとなるための走り込みをしないことはあったが、カップ戦レベルであればストライカーとして十分に戦えることを示して見せた。

例えば、もしエメリがオーバメヤンをヨーロッパリーグで休ませたいようなときがあれば、有用なオプションになるだろう。

おかえり、ロブ・ホールディング

ホールディングにとってまさに完璧な一夜となった。ほとんど一年ぶりの試合となったわけだが、守備面でそこまで仕事は多くなかった。ボールに多く触り、今季の彼を象徴するかのようにキャプテンマークがエジルから渡されたのち、ゴールまで決めて見せたのだ。

彼にとってこの得点がどれほど大きい意味を持っていたかは明らかだった。そして、それはファンとチームメイトにとっても同様のことがいえた。エミレーツは歓声に包まれた。ついにホールディングが帰ってきたのだ。

既にプレミアリーグに復帰する準備が出来ているかはフィットネス面次第でもあり、今後まだ様子を見なくてはならないが、ソクラティスとルイスのミスの多さを考えれば、その可能性は大いにあるだろう。

(source:
https://paininthearsenal.com/2019/09/24/arsenal-vs-nottingham-forest-5-things-learned-rob-holding-perfect-night/5/ )

海外記事, 選手採点

相手は格下とはいえ、最近のアーセナルには珍しい大量得点での快勝、さらにその立役者となったのが今季注目の若手たちということで、申し分のない試合となりました。

海外記事

数字だけ見れば、アウェイでリーグ最下位のチーム相手に2-0でリードし、チームにオーバメヤン、ぺぺ、エジル、セバージョスがいるというのはどんな監督にとっても夢のような展開に思える。あとはボールを保持し、相手の勢いをそぎつつカウンターを狙えばいいだけなのだから。

海外記事

プレシーズンでアーセナルを取り巻いていたポジティブな空気が霧散するのに長くはかからなかった。2-2に終わったワトフォード戦が象徴しているように、またしてもアーセナルはかつてと同じく、高額な攻撃のタレントを揃えるばかりでより需要な守備面での課題を解決できない、という罠に陥っているようだ。

海外記事, 選手採点

ヤングガナーズの躍動!!ウィロックとブカヨ・サカの大活躍!

海外記事

ウナイ・エメリの今季のタスクはシンプルだ。アーセナルをどんな方法ででもいいからCLに連れ戻すことだ。昨季は惜しくも逃したが、今季はその過ちを正そうと監督は思っていることだろう。

アーセナルは夏の移籍市場で良い立ち回りを見せ、今度は監督とピッチ上の選手たちがその成果を見せる番だ。今回はそれを達成するためのアーセナルのファーストチームのスタッフたち23人を紹介していこう。

監督: ウナイ・エメリ

セビージャで3度のヨーロッパリーグ優勝を成し遂げ、PSGでも指揮をとったこの男を紹介する必要ないだろう。

アーセン・ベンゲルの後継者として2018年にエミレーツに3年契約で連れてこられた。とはいえ、当時のトップはガジディスで、体制は一新しているので、サンジェイとエドゥを改めて自身が適任だと説得して見せる必要がある。

アシスタント: フアン・カルセド

Embed from Getty Images

カルセドはエメリからの信頼が厚い副官で、アルメリア時代の2006年にエメリとは知り合った。

彼が選手としてプレイしていた時期には、アトレティコマドリードやニースといった7つのクラブでMFとしてプレイした。彼は、バレンシア、モスクワ、セビージャ、PSGと常にエメリと行動を共にしている。

エメリの自伝の著者によると、二人は『互いの心をよく知り、だが同時に常に新しいことを学ぼうとしている』のだそうだ。

アシスタント: フレディ・ユングベリ

Embed from Getty Images

選手時代の実績のおかげで、アーセナルにユングベリがコーチとして帰還した際にはすでに人気があった。プレミアリーグを二度、FA杯を三度優勝し、インビンシブルの一員でもあり、コーチ陣の中でもロールモデルとされている。

引退以降ユングベリはアーセナルのU-9やU-15、そしてU-23の監督を務め、ヴォルフスブルクでのアシスタントコーチ経験もある。

エンケティアやウィロックといった選手たちを育てた実績が評価され、この夏トップチームのスタッフに昇格した。

コーチ: パブロ・ヴィラヌエヴァ

Embed from Getty Images

ヴィラヌエヴァもまた、長くエメリと共に仕事をしている一人で、セビージャ時代からずっとエメリが行く先々でコーチを務めている。

一度はコルドバで、Bチームの監督からの昇格という形で2013年に監督も務めたが、2014年にセビージャでエメリに加わり、それ以降は常にエメリのコーチングスタッフの一員となっている。

選手時代はレアルマドリードのユース出身で、その後5つのクラブをスペインで渡り歩いた。

GKコーチ: サル・ビッボ

Embed from Getty Images

サル・ビッボは選手時代はシェフィールドやクローリー・タウンなどイングランドを旅してまわっていた。ノースロンドンにコーチとしてやってくる前はGKコーチをレディングで務め、エメリが監督に就任して以降もアーセナルに残留することとなった。

ファーストチームのGKの指導だけではなく、ユースチームのGKをトップチームに適応させるという仕事も担っている。

GKコーチ: ハビ・ガルシア

Embed from Getty Images

ハビ・ガルシアはグラナダで2013年までアシスタントを務めていたが、その後セビージャでエメリのGKコーチとなった。彼はPSGでもそのままGKコーチを務め、今も彼の最も信頼するコーチの一人となっている。

パフォーマンス長: シャド・フォーサイス

Embed from Getty Images

フォーサイスは2014年にアーセナルに加わった。彼は、10年間ドイツ代表で仕事をしており、W杯優勝時のコーチ陣の一人でもあった。その前は、アメリカのオリンピックセンターでの経歴を持つ。

彼はエミレーツで医療面、フィジカル、そしてコンディションを総合的に統括する仕事を与えられている。.ガジディスと共にミランへの引き抜きの噂もあったが、残留することとなった。

メディカル長: ギャリー・オドリスコール

Embed from Getty Images

オドリスコールは2009年にアーセナルに加わり、2017年に現在の地位に昇格した。彼は以前はアイルランドのラグビーチームのチームドクターを務めたベテランだ。

最近は新加入選手のメディカルや、ケガに関するコメントをしたりとファンの前に姿を現す機会も増えている。

スポーツサイエンティスト: トム・アレン

Embed from Getty Images

トム・アレンはアーセナルに2017年にアストン・ヴィラから移籍している。

彼はバーミンガム大学のスポーツ運動科学科を卒業後、インターン生としてヴィラに加わった。そしてその後スタフォードシャー大学で大学院にも行っている。.

彼は今はアーセナルでいかに怪我を抑え、かつピッチ上での競争力を高められるか分析する立場にある。

(明日の後編に続きます)

海外記事

昨季、トレイラは段階的にイングランドに適応したのち一気にトップチームに台頭し、アーセナルの抱える問題の解決策として称えられた。アーセナルが長年良いボール奪取者を欠いており、このウルグアイ人の守備的MFはアーセナルファンの心をくすぐった。

海外記事

アーセナルのこの夏のビジネスはとても興味深いものだった。意図的だったのかどうかはわからないが、まず巨額の獲得が先行し、ペペの獲得をはじめとし、予算の倍以上の額を費やした。そして、その後、ラウル・サンジェイが放出に奔走することになった。

ジェンキンソンがついにアーセナルを去り、イウォビへの最終日に届いたオファーは拒絶するのはもったいないという結論に達したようだった。恐らくイウォビは放出候補の筆頭ではなかったはずだが、他の選手たちを売却することが難しいという判断だったのだろう。アーセナルは妥協し、彼らが理想的には留めることを希望していただろう選手の売却を決めた。

そして、ヨーロッパの移籍市場の締め切りとの兼ね合いで、その後さらにエルネニー、モンレアル、ムヒタリアンらといった選手たちの放出も進んだ。チームの人員整理が必要だったのは明確で、これに関して議論の余地はないだろう。

恐らく、もしその要望があればアーセナルは自家用ジェットでムスタフィを移籍先にどこへでも送り届けただろうが、今のところムスタフィはまだアーセナルに在籍している。各ケースごとに見れば、確かにムヒタリアンとイウォビの放出はクラブにとってプラスだったと思うが、もし最初にムヒタリアンの放出が決まっていれば、イウォビの放出に踏み切っていたかどうかは不透明だ。

もちろん、どちらにせよエヴァートンの高額オファーを受けれいていた可能性はあるが、私が思うに、エメリは本当はイウォビをとどめたかったはずだ。とはいえ、もし夏の初めにアーセナルはペペの獲得のためにイウォビを売却する必要があるがどうすべきだろうか、と聞かれれば誰もが致し方なイ、と答えていたことだろう。

一方で、特に給与面を考えれば、ムヒタリアンの移籍に関してはもっとシンプルだ。だが、ひと夏の間にムヒタリアンとイウォビを両方売却するというのはなかなかのリスクだ。これによって、エメリは絶対にペペ、オーバメヤン、ラカゼットの3トップを成功させる必要が出てきた。

もちろん、エメリがこれに成功を収める可能性は大いにあるが、個人的にはこの3人の同時期用はバランスを欠くように思える。3人は皆素晴らしい選手だが、3人を同時起用するためには少しずつ自身の能力を犠牲にしなければならないだろう。

だが、今年のアーセナルでこの3人以外での前線の選手としては、アカデミー出身のネルソンやスミス=ロウ、サカといった若手のみになってしまった。もし3人の誰か一人でも休ませたり、ケガをしたりといったことがあると、即座に若手にステップアップしてもらう必要が出てくる。

そして、モンレアルの売却もイウォビ売却と同じようなケースだったのではないかと感じられる。もちろん彼が既に33歳であるという点は異なるものの、恐らくアーセナルはどちらかと言えばティアニーの控えとしてコラシナツよりもモンレアルを残したかったのではないだろうか。

コラシナツはアーセナルにフリーでやってきたため、他のクラブとの競争を制するため、アーセナルは高額の給料を払っている。だが、エメリは4バックでコラシナツを信頼することはほとんどない。後ろからつないでいくスタイルにおいては、彼のパス成功率の低さが懸念なのだろう。だが、今季ここまでクラブは3バックを採用しておらず、従って本来であればモンレアルをもう一年とどめたかったはずだ。

アーセナルのこの夏の大幅な人員整理は失敗だったというつもりはないが、特に今季の前半は少しスカッドの層が薄すぎるように感じられる。どう転ぶかはわからないが、アーセナルがプレミアリーグで経験が薄い選手たちに頼らざるを得ないということは言えそうだ。

(Source:
https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/arsenals-summer-outgoings-could-leave-the-gunners-in-trouble-in-the-short-term-1.1249909 )

海外記事

今季の始めに、私は、環境をうまく整えてやれば、ダニ・セバージョスはカソルラが中盤にもたらしていたものをアーセナルにもたらせる可能性があると書いた。まだそこから数試合しか経っていないが、既に彼はまさにその通りだということを証明つつある。とはいえ、似ている部分もあるものの異なる部分もあり、今回は彼ら二人を比較しながら今季のセバージョスについて分析していこう。