海外記事

ダニ・セバージョスのレンタルでのレアルマドリードからのアーセナル加入がついに発表された。ベルナベウではあまり出場機会が得られなかったが、彼は、エメリのチームに新たな一面を加えるエキサイティングなタレントだ。

先日のユーロU-21でも、彼はその能力を余すことなく披露していた。長距離からのシュート、素晴らしいアシスト、きらりと輝く足技を見せ、中盤をコントロールしていた。彼はスペインのキャプテンを務めてトロフィーへと導き、これは、彼の獲得レースを巻き起こすこととなった。

海外記事

移籍市場の閉幕まで残り数週間となり、アーセナルが残った時間でよい取引をまとめるようファンは願っていることだろう。

アーセナルは過去には素晴らしい選手を何人も獲得してきたクラブであることは間違いなく、今回の記事ではプレミアリーグが始まって以降のアーセナルの獲得をランキング形式で見ていこう。このリストにサンチェスやコロ・トゥーレ、ファン・ペルシーといった選手たちが含まれないことが、アーセナルがいかにタレントに恵まれてきたかということを物語っている。

海外記事

リストというのは素晴らしい。やるべきことがどれだけあるのかを紙に書けば課題は明確になるし、リストを書き終わるころには、、、実際にそれを実行に移すための時間が無くなっていたりする!

アーセナルの夏休みの宿題はバクーでの試合の時と比べて増えたというわけではないが、コシェルニーのおかげでより複雑になった。以下が私が思う、アーセナルがこの夏の残りに行わなければいけないことだ。

海外記事

(この記事は、昨日の前編の続きとなっています。)

イウォビは、プレミアリーグのトップクラスのウイングが皆備えているような、サイドからファーコーナーにボールをたたき込むようなシュートモーションを持ち合わせていない。そして、そもそも彼はカットインしてシュートを打とうという意識がほとんどない。

ウイングの選手というのは基本的に、縦への走り込みか、中に入って自身でシュートを打つ必要があるが、イウォビはそのどちらも行わない。イウォビはどちらかというと、攻撃のもっと手前の段階をスムーズにすることで輝く選手なのだ。

その最たる例が、彼のボールの受ける能力の高さだろう。彼はハーフターンでボールを受け、プレッシャーから逃れることに非常に長けている。そして、これはあーせあんるの中盤に欠けている能力でもある。イウォビがファーストチームに駆け上がった2016年にはミケル・アルテタが同じことに気づいていたようだ。

『U-21でアレックスとプレイしたが、彼が中盤でもプレイできることには驚いたよ。FWは普通MFに必要とされるような360度の視野を持っていないものだけれど、アレックスは試合を読むのがとてもうまい。ポジショニングの理解力も良いし、プレイする時の体の使い方も良い。』

イウォビは自分の体上手く使い、ポストプレイを上手く行うことが出来る。彼は正しい角度でボールを受け、その後素早くそのボールを放つコツのようなものを知っているのだ。このような能力は、サポーターにはあまり理解されないが、監督からは高い評価を受けることが多い。

エメリ体制では、この能力はハーフスペースでボールを受け、オーバーラップするサイドバックを活用するために用いられた。確かに、同じように中盤でもこの能力を活かしてイウォビは活躍できるかもしれない。

とはいえ、彼は調子の波が激しいことが多く、どのポジションでも結局一貫しては活躍できない、という結果になってしまう可能性も大いにあるが。

アーセナルはネルソンがレンタルから復帰し、まだ活躍を期待するには少し早いとはいえマルティネッリも獲得したにもかかわらず、夏の移籍市場でのウイングの獲得を目指している。もしこれに成功すれば、サイドの数は足りるし、アーセナルの予算を考えると、イウォビの中盤へのコンバートは試す価値があるかもしれない。

イウォビの将来はCMFにこそあり、これがガナーズを次のレベルに引き上げるだろう、などというつもりはないが、そもそもアーセナルは今そのような劇的な改革を期待できないレベルにあるということを理解する必要がある。

アーセナルはスーパーな選手を買うことは出来ないし、したがって既存の選手の配置を変え、より良いバランスを見つけ出すことは、チーム強化の有効策の一つだ。そういった意味では、プレシーズン中にエメリが色々と試す機会を奪うという点で、イウォビが国際試合で合流できないのは残念だ。

イウォビのアシストとゴール数はプレミアリーグトップ6のウイングとして満足のいくものではなく、多くのアーセナルファンがイウォビにフラストレーションをためるのは理解できる。だが、彼の能力が正当な評価を受けていないことが多いのも事実だ。

マイケル・コックスが指摘したように、イウォビは自身のプレイスタイルが定義しづらく、かつアーセナルファンにとって親しみのあるどんな選手とも似ていないおかげで損をしている。まさに、『イウォビはどちらかというとスペシャリストなのだが、まだ名前がない役割をこなすスペシャリストなのだ。』というわけだ。

イウォビのCMF起用は上手くいくかもしれないし、うまくいかないかもしれない。だが、正直なところ既にアーセナルは『可能性があるならなんでもやってみよう』という時期に来ているように思える。

(Source:
https://arseblog.com/2019/07/charging-through-the-midfield/ )

海外記事

以前、私はいかにしてウナイ・エメリがほんの少しでも有利に立てる部分を最大限活用していかなくてはならないか、という記事を書いた。この夏にアーセナルに大改革が起きる気配はなく、放出で財布の足しに出来そうな兆しはない。

海外記事

CL出場権を逃したアーセナルにとってこの夏が厳しいものになるのは予想できた。だが、まさかコシェルニーがアーセナルの頭痛のタネになると予想できた人はいないのではないだろうか。アーセナルはアメリカでプレシーズン真っただ中だが、そこにコシェルニーの姿はない。

海外記事

今日アーセナルvsバイエルン戦が行われたばかりということで、ワンテンポ遅れた形になってしまいますが、とりあえず順序を追ってということで、プレシーズン初戦のコロラド・ラピッズ戦のレポートです!

アーセナルのプレシーズンは、コロラド・ラピッズ相手の3-0という理想的な結果でスタートした。若手中心のチームで臨み、試合の終盤までシニア選手は登場しなかったためフルスロットルではなかったが何人かの個人技が光り、たやすく勝利を収めて見せた。

海外記事

並外れたキャリアを送っているダニ・アウヴェスにとってでさえも、この数か月は特筆すべきものだった。PSGで二連覇を成し遂げたかと思えば、キャプテンとしてブラジル代表を率い、自身二度目のコパ・アメリカ優勝へとチームを導いたのだ。一度目は12年前のことだった。これにより、彼がキャリアを通して獲得したトロフィーの合計は40となった。40の大台にのせたのは彼が史上初だ。

海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

2月の誰もが予想していたマンチェスターシティ戦での敗北から得られる喜びはほとんどなかったが、この試合でのゲンドゥージとトレイラのコンビは未来への可能性を感じさせるものだった。

アーセナルでは、アーセン・ベンゲルの時代から我々はMFはスペシャリストであるという考えになれてしまっている。コクランやフラミニ、シウヴァが守備的MFで、ジャカやプティは深い位置でのプレイメイカー、そして、ラムジーは攻撃的MFだ。ゲンドゥージはこのどれにも当てはまらないからこそ、ファンからの評価がそこまで高くないのだろう。

彼はオールラウンダーだ。そして、これはよりモダンなプレミアリーグのMFの形でもある。リバプールはヘンダーソン、ワイナルドゥム、ミルナー、ファビーニョ、ケイタ、そして時にはララナですらCMFとして変幻自在に使いこなす。トッテナムではオールラウンドなMFとしてコンバートされたシソコの前にエリック・ダイアーはポジションを失った。

同じように、トレイラとゲンドゥージは現代のプレミアリーグのMFに必要な素質を備えているのだ。彼らはボールを素早く動かすことも出来るし、自分自身も素早く動ける。そして、彼らはすべての仕事をオールラウンドにそつなくこなせる。

ジャカは多少ミスが多い傾向があるにせよ、良いクオリティを持った選手だが、スピード面で欠点を抱えている。パスは素晴らしいが、オフザボールのスピードが遅すぎ、ボールを受け取って前に放つのに時間がかかりすぎるのだ。

ゲンドゥージとトレイラはスペースでボールを受け取るのが遥かに早く、素早く前に運ぶことが出来る。もちろん彼ら二人を育てればアーセナルはリーグ優勝できるとは言わないが、来季は、この二人のパートナーシップを醸成するのに力を注ぐべきだと思う。

良い例が昨季のホールディングで、彼は素晴らしい評価を怪我までは受けていた。これは、彼がアーセナルの全てを変えたワールドクラスのDFだったからではんく、単に彼がほかの選手たちよりも少しだけ、監督の望むサッカーとの相性が良かったからだ。

これは、チームをよくするのに必ずしもワールドクラスの選手が必要なわけではないという証拠だ。単に、よりバランスの取れた選手がもう何人かいるだけでよいのだ。アーセナルには高額選手を購入する余裕がない以上、このような少しばかりの地道な改善を積み重ねていくほかに方法がない。

私が思うに、もしアーセナルが4-3-3を採用するのであれば、イウォビを3センターのどちらかのサイドを務めるCMFとしてコンバートするのは容易だと思う。そして、右側であればナイルズも同じような役目を務められるだろう。

これらの変化は、ほんの少しの微妙なもので、アーセナルをタイトル争いするチームに押し上げるとは思えないが、どちらにしろ今のアーセナルにそれを求めるのはいささか野心的すぎるといわざるをえない。

そもそも、アーセナルにできることはこれくらいしかないのだ。ウナイ・エメリにはチームを徹底改革し、みにくいアヒルの子を白鳥に成長させるだけの予算が与えられておらず、また売却によって予算をねん出できるとも思えない。

したがって、彼は練習場とプリシーズンで、何とかしてチームを支える再生可能エネルギーを見つけるしかないのだ。

エメリ就任時には、彼は純粋にコーチ型の監督だといわれていた。それがどこまで本当か我々は来季知ることになるだろう。アーセナルにはチームに火をつけてくれる何かが必要だが、エメリには木の棒と葉っぱしか与えられていない。火種はチームの中から見つけ出すしかないのだ。

(Source:
https://arseblog.com/2019/07/fat-of-the-land/ )

海外記事

恐らく、そろそろ冷酷な現実に向き合わなくてはならないだろう。アーセナルの次のシーズンのチームは昨シーズンと大方のところは同じである見込みが高いという事実と。残された期間中にアーセナルが高給取りのエジルやムヒタリアンといった選手を売却できるとは思えないし、もしどちらかに賭けるのであれば、ムスタフィもチームに残る方に賭けよう。