海外記事

今季の終盤は、いくつかの理由でアーセナルファンにとっては非常に憂鬱なものだった。だが、そんな中、ベジェリンの存在が少しばかりの希望を与えてくれた。

彼はモダンフットボール界に蔓延する悪に立ち向かい、商業的な思想に支配されるサッカー界で自分の思うところを正直語るつもりがあるようだ。

海外記事

バクーへの道のりは長い。現地観戦を選んだアーセナルファンは、その見返りにたいして何も手にすることなく帰路につくこととなった。

贔屓のチームの決勝戦を観戦するためにここまでのことをするというのは見上げたファン魂だが、彼らは選手が同じだけのクラブへの愛を示してくれれば、とため息交じりに願ったことだろう。

海外記事

文化を変える必要がある、これは昨日のポッドキャストで何度か話題になったし、ずっと考えていたことだ。つまり、それはどういう意味なのだろうか。

私の意見では、特に彼を批判するつもりはないが、アーセン・ベンゲル時代にこれは始まったのだと思っている。彼がアーセナルに最新鋭のトレーニング設備をもたらした話はよく知られている。アネルカを売ってアンリを買い、その差額を練習場に投資した、というわけだ。

海外記事

バクーですべてが終わり、エジルがピッチの横でうなだれる中、この先どうなるのだろうかと考えずにはいられなかった。彼は迷子のプレイメイカーだ。

彼はかつて、誇り高いアシストキングだった。彼はかつて、繊細なその能力で試合を作り上げることが出来た。 だが、それには今や陰りが見え、彼がどんな選手か思い出すためにはハイライト動画を振り返る必要があるほどになってしまった。

海外記事

時間は90分を回り、スコアは4-1。エメリがライン際でチームを急き立てる様子は、悲しくなるものさえあった。彼は、アーセナルを押し流してしまった大潮に一人で立ち向かったが、それがクラブの現在と未来の希望を押し流してしまう様を目撃することとなった。

海外記事

I普段よりも人数の多いEL決勝のベンチに置かれる可能性があるため、エメリがシャビエル・アミーチとブカヨ・サカをアーセナルのファーストチームでトレーニングさせたのは非常に良い兆候だった。

しかし、アーセナルが彼らを含めた近年では最もタレントに恵まれたユースアカデミーの選手たちを保持しようと交渉するにあたって、少し遅すぎたのではないかという気持ちはぬぐえない。

海外記事

既にプレミアリーグは終わったが、アーセナルの今季を正当に評価するのはまだ難しい。まだ運命はどちらにも傾いていないからだ。

一シーズンをまるまる費やして行われたアーセナルのCL探求の旅の全ては、一試合に懸かることとなった。ヨーロッパリーグ決勝のチェルシー戦だ。この試合の結果が、今季のエメリの初シーズンが成功であったのか、失敗であったかを決めることになる。

海外記事, 選手採点

シーズン最終節は危うい場面もありましたが結果的にはアーセナルが快勝、オーバメヤンが得点王を獲得し、エンケティアもプレミアリーグ初得点とEL決勝に向けて弾みのつく結果となりました。

海外記事

この12か月は、アーセナルにとって非常に重大な変革の時だった。アーセン・ベンゲルは去り、CEOとスカウト長もそれに続いてクラブを去った。直近の3つの移籍市場で9人の新しい選手がアーセナルに到着し、今期はエメリの下、サッカー哲学も大きく変わった。

だが、それにもかかわらず、アーセナルの今季終盤の崩壊の様子はなじみ深く感じられる。恐らく今季のアーセナルに関して最も残念なのは、彼らがまさしくアーセナルらしく見える、ということだろう。

海外記事

(この記事は昨日の前編の続きとなっています。)

ドリブルを用いて相手と対峙する気が少しでもあるのは、チームでイウォビただ一人だけだ。モダンフットボールにおいて、ドリブルは攻撃の最も効果的な手段の一つで、私の意見では、プレスが厳しい今の時代だからこそ、相手の裏を突ける意外性のあるドリブルという手段の重要度はさらに上がっている。