海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

アーセナルは金銭的に追い込まれ、若手を活用する以外に方法がないぎりぎりのところまで来てしまった。ウナイ・エメリのデビューシーズンの失敗の一つが若手の育成に失敗したことで、これがユングベリがファーストチームで補佐することになった理由ではないかと私は思う。ELのグループステージとリーグカップは若手育成の良い機会になるだろう。

海外記事

アーセナルはこの夏のチームの刷新を必要としているし、同時に求めてもいる。この二年間での選手の入れ替わりを考えると、クラブがいまだに『全部吹き飛ばして一から作り直せ!』状態にあるというのは、ここまでのアーセナルの対応のまずさを表している。

海外記事

近年、サンプドリアは素晴らし育成クラブとしての評判を確立しつつある。このクラブは選手が成長するのに最適な安定した環境を作り出すように努め、その結果、的確なコーチングで選手の弱点を克服し、長所を伸ばすことで、トップレベルの成功を促すことが出来るようになった。

これには年齢は関係ないようで、なんとファビオ・クアリアレッリャを36歳にしてクリスティアーノ・ロナウドを破ってセリエAの得点王になる選手に成長させた。だが、それ以外にもサンプドリア出身の選手たちはイタリア中で活躍している。

海外記事

いつもお世話になっているJames Benge氏の記事を参考にしながら、アーセナルの選手獲得・放出の意思決定プロセスのカギを握っている5人の人物(空席アリ)について解説していきます!

海外記事

アーセナルの改善点は多く、予算は少ない。エメリにとっては非常に制約の多い移籍市場になりそうだ。こういった場合に助けになるのは、昨季ポジションをつかみきれなかった選手たちのステップアップだろう。

アーセナルのトップチームが昨シーズン苦しんだ一方で、ユースチームの成績はここ何年かで復調してきている。ユングベリをトップチームのアシスタントコーチに任命したのは、アーセナルがU-23とトップチームの連携を強化したいという意思の表れだろう。

ここでは、来季インパクトを残す可能性が高い5人の若手選手を紹介しよう。

海外記事

公式には移籍市場は今週オープンしたばかりだが、アーセナルに関して、多くの移籍の噂がにぎわっている。普段であれば、ファンが最も盛り上がるのはスター選手の獲得のはずだが、今のところ、SNS上で最も盛り上がりを見せていたのは、売却の噂だった。

インテルが50M£でグラニト・ジャカの獲得に興味を持っているという噂が流れ、アーセナルサポーターが色めき立っていたのだ。

海外記事

まだ移籍市場は始まったばかりとは言え、新戦力獲得へのアーセナルの動き出しは、ファンが望んでいたほどには素早くない。

ウナイ・エメリの一年目は痛みと共にCLレベルのクラブになるにはどれほど改革の必要性があるかを明確に思い知らせてくれた。そのためには限られたお金をうまく使い、チームをヨウ化する必要がある。だが、シーズン終了からしばらくたっているにもかかわらず今のところ誰もアーセナルは獲得できていない。

海外記事

ユングベリのトップチームコーチへの昇格は、彼がユースチームの指揮を非常にうまくこなしたことへの褒章であることは間違いないが、同時に、ファーストチームとユースアカデミーの架け橋となる存在になっていることも期待されているに違いない。

海外記事

スティーブ・ボールドとフレディ・ユングベリがチーム内での役割を交代し、ボールドがU-23の監督を務め、ユングベリがトップチームのコーチ陣に加わる、という報道が出ているので、それに関してユングベリの仕事ぶりを分析した記事をお届けします!

海外記事

現状、アーセナルを取り巻く移籍の噂は数が多すぎ、どれが事実に基づいているのかを判別するのは非常に難しい。オーバメヤンとジャカの退団が報じられたかと思えば、24時間後にはそれが否定されていたりする。

獲得に関してもそれは同じで、まだ夏の移籍市場は始まったばかりだが、ガナーズはすでに数えきれないほどの選手の獲得がうわさされている。アーセナルの資金を考えれば、これは少し奇妙だ。