海外記事, 選手採点

若手主体のアーセナルが生き生きと躍動!マルティネッリは化け物っぷりを見せつけ、ティアニーとセバージョスもその才能を存分に発揮、ホールディングとベジェリンは安定して復帰へのステップをまた一段上り、ムスタフィが鉄壁、と素晴らしい試合となりました。

海外記事

今季、ウナイ・エメリはいくつかの中盤の組み合わせを試している。4-3-3か4-4-2のダイヤモンドという形が多いが、どの場合も未だに彼はどのような選手の組み合わせが最適なのかわかっていないように見える。

エメリの中盤への要求水準は高く、プレス、ビルドアップ、守備でのカバー、そしてライン間の移動など、彼はオールラウンドなMFを求めている。

だが、この問題点は、アーセナルはチームにオールラウンダーを備えていないことだ。多くの選手は得意とする技能では非常に優れている、というタイプで、これによりバランスをとるのが難しくなっている。

例えばジャカは素晴らしいプレイメイカーだが、右足は使い物にならず、足が遅い。ウィロックは一瞬で相手のタックルをかわす能力があるが、まだ粗削りで守備への備えが万全とは言えない。

したがって、アーセナルの中盤は相手に応じて、そしてホームなのかアウェイなのかに応じて選手を選ぶ必要があるだろう。特に、アーセナルがどれくらいボールを保持できる見込みがあるかが重要なファクターだ。

トップ6相手のホーム戦

もちろんホームでもこれらの試合がタフであることに違いはないが、それでもアーセナルの方が優勢、あるいは互角の試合展開が予想される。トップ4入りを目指すにあたっては、相手に敬意を払いつつも、これらの試合で数勝は上げなくてはならないだろう。

トッテナム戦では、試合後にエメリはトレイラ、ジャカ、ゲンドゥージという中盤が守備的すぎたと認めていた。この3人を起用したため、中盤と前線との間が空きすぎ、チャンスを作ることが出来なかった。

これらの試合ではそこまでボール保持率が下がらないだろうということを考えれば(シティ相手の試合は別かもしれないが)、深い位置でのプレイメイカーは大事になってくる。

だが、その役割がこなせるジャカとゲンドゥージという二人の選手が俊敏性に欠け、かつアーセナルのカウンターへの対応力の脆弱さを考えると、守備に備えるための選手が必要になってくる。

そして、中盤と前線の間をつなぐことが出来、積極的にチャンスを作れるプレイメイカーも必要であり、セバージョス、エジル、あるいはウィロックのうち一人を起用すべきだろう。

結論: 4-3-3 トレイラ、ジャカ、セバージョス

トップ6以外相手のホーム戦

プレミアリーグの競争は未だかつてないほど激しいが、ホームであれば、基本的にはアーセナルはトップ6以外の相手の試合であれば勝利が求められる。アーセナルと互角の戦いを演じられそうなのはレスターとウルブズくらいのものだろう。

これを念頭に置くと、アーセナルの方がボール保持率が高いことが予想され、ビルドアップを助けることのできる選手を起用すべきだ。

そして、アーセナルの現状を考えると守備よりも攻撃にリソースを注いだ方が勝率が高そうだ。もちろん、全く守備は無視して言い、というわけではないが。

むしろ、より積極的な守備を敷くべきで、アーセナルはポールロストの瞬間に相手に襲い掛かりプレスをかけるべきだろう。この点から、運動量のあるMFを二人起用すべきだと考える。

これらの試合は中盤がどうであろうともアーセナルが勝利できるポテンシャルはあるはずだが、より試合を落ち着かせ、余裕をもって試合を薦められるような中盤をセレクトするべきだ。

結論: 4-3-3 セバージョス、ゲンドゥージ、ウィロック

Source:
http://youaremyarsenal.com/premierleague-201920-arsenal-best-midfield-combination/

海外記事

エメリとエジルの不仲は今に始まったことではない。昨冬にその噂は始まり、今や二人の関係は凍り付いた袋小路で、エジルが選出されなかった試合よりも、選出された試合のほうが話題になるくらいだ。

エジルの調子はエメリが北ロンドンにやってくる前から下降の兆しを見せていた。だが、それにエメリが抱く詳細な攻撃的MFへの要求が合わさり、関係の悪化は決定的になった。ヨーロッパリーグ決勝でのエジルの交代は明確なメッセージだった。

だが、その後エジルはなかなか好調なプレシーズンを送った。しかし、その後コラシナツと犯罪に巻き込まれ、プレシーズンの好調を良いスタートにつなげる機会を失ってしまった。そしてなぜかその後は昨季の亀裂が復活し、エメリはまたしてもチーム最高給の選手を例として使おうとしているようだ。

シーズンを通して71分しかプレイしていないにもかかわらず、監督はフランクフルト戦のメンバーから外し、その理由を”休ませるため”と説明した。もちろんこの説明を皆が信じると考えるほどエメリは愚かではないはずで、これは若干敵意のある行為と敵意のあるコメントに思える。彼は明確に言葉にすることはなしに、エジルを罰したかったのだろう。

その後エジルはアストン・ヴィラ戦でも使われず、代わりにジョー・ウィロックとトレイラがベンチから登場した。この交代は確かに効果的だったが、これによってエジルがフランクフルト戦のメンバーを外れたのは休息とは無関係だったことが示された。

エジルはカラバオ杯では出場したが、良いプレイを見せ、6つのチャンスを創出したにもかかわらず、71分で交代となった。もちろん、当然ながらエジルを休ませる必要などないわけで、これもまた監督からのメッセージというわけだ。

恐らく多くのアーセナルファンには、エジルが毎試合のようにスタメンすることはないということをもう受け入れてしまったと思うし、これに賛成するファンも多いだろう。最初に述べた通り、我々が最高のエジルの姿を最後に目にしてからずいぶん長いこと経っている。

だが、それでも監督のエジルに対する姿勢が何かの役に立つとは全く思えない。既に我々はエジルとエメリの仲が良くないことは知っている。公然の事実だ。フロントが、給与が高すぎるエジルを売却しようとしたことも分かっている。

だが、それならば、エメリの刺々しいエジルへの扱いは、いったい何のためのものなのだろうか。エメリは誰にメッセージを送ろうとしているのだろう。

エジル自身?だとすると未だにエジルが監督とクラブが放出を希望していることに気づいていないとするのならば、彼は途方もなく鈍い人物なのだろうといわざるを得ない。(訳注: 皮肉) クラブだろうか?だが何のために?

もし仮に、エジルが規律面で深刻な問題を抱えているのだとすれば、そもそもチームに選ばれたり、5人のキャプテンに含まれているのは奇妙だ。

そもそも、ここまで明確にエメリがエジルはチームにとって重要ではないというメッセージを発し続けているにもかかわらず、監督の信頼すべき副官であるべきキャプテンのグループの中にエジルが含まれている。今となってはそんなこと誰も信じるはずが何のにもかかわらずだ。

エメリがエジルをチームにとって必要なリーダーだと認めているはずがない。もちろん一度エジルを選出した以上、政治的にそこから外すことは困難だという意見もわかるが、だとすると同時に5人のキャプテンの一人に対して今のような辛辣な対応をエメリがエジルに続けることも筋が通らない。

今となっては、エジルをビッグゲームで起用しなかったり、それどころかあまり多くの試合に起用しないこと自体に問題があると思うわけではない。監督は未だにどうやってストライカーにチャンスを届けるかという問題を解決できていないものの、それでも私も含め、多くのファンが理解できる決断ではあるだろう。

しかし、ヨーロッパリーグの試合で嘘の理由でエジルを外し、彼が輝ける快適なホームの試合で途中交代させるなどといった行為は、不必要に攻撃的であるように思える。

これではまるで、監督は議論はしたくないが、自分がエジル側に満足していないということを示すためだけに当たり散らしているかのようだ。これが、いったい誰にとっての得になるのか、私にはわからない。

(source:
https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/unai-emerys-passive-aggressive-management-of-mesut-ozil-serves-no-purpose-1.1268187 )

海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

したがって、ジャカ、ルイス、ソクラティスといった選手たちが若手にとってかわられるのをファンが待ち望む気持ちも理解できる。そして、長期的なプランとしては、恐らくアーセナルの将来的なCBペアはホールディングとサリバであることは間違いないだろう。

しかし、 往々にして若手の評価は色眼鏡をかけて行われるものだ。フォレスト戦では相手のクオリティの違いもさることながら、中盤のバランスもよりよかった。トレイラは完ぺきではないが、守備ではジャカよりも機能する。

また、この日のエジルは慣れ親しんだ10番のポジションで良い活躍を見せた。このように、中盤が上手く機能していたおかげでガナーズの守備はより容易になり、今季のアーセナルのトレードマークとなりつつあるバスケットボールのような殴り合いにならずにすんだ。

ヴィラ戦ではエメリのチームは7枚もイエローカードをもらっており、これがチームがいかにバランスを欠き、構造的なストレスを抱えていたかということを示している。

実際のチーム事情を分析すれば、ルイスとソクラティスに関してはあまり責められないと思う。まず、チームにまだ慣れないセバージョスやウィロック、ペペといった選手が組み込まれたばかりだし、恐らくファーストチョイスのサイドバックを二人とも欠いている。

エメリは控えのサイドバックを完全には信頼しておらず、コラシナツとナイルズの守備面での弱点を隠すために、スリーバックを昨季は用いていた。今季はスリーバックは採用していないが、それでもサイドバックの保護に努めている。

エメリは典型的なダブルボランチの代わりに、二人によりサイドに広がるよう要求している。エイドリアン・クラークが分析している通り、このおかげで中盤の中央に穴が開いてしまっているのだ。

オーバメヤンとペペがサイドを務め、その後ろにナイルズとコラシナツがいるという守備に不安の残る布陣のせいで、ゲンドゥージやトレイラ、ウィロックといった選手がサイドのカバーをさせられることが多く、その結果ジャカはポツンと一人で中央に残されてしまう。

したがって、これは単にソクラティスとルイスの問題とは言えない。ジャカとソクラティスとルイスが中央で、何のサポートもなく孤立してしまうことが問題なのだ。

もしかすると、エメリがこのように過度にサイドを警戒する傾向はベジェリンとティアニーが復帰すれば解消されるかもしれない。そうすれば、通常通りボランチをCBの前に配置できるはずだ。

ルイスは相手の攻撃を食らった際後ろに向かって戻っていることが多いが、これは、CBの前に広大なスペースが広がっているからだ。

私は常にソクラティスとルイスというのは最良の組み合わせではないのではないかと危惧してきた。だが、エメリがMFをサイドに送り込むせいで中央に残るのはCB二人とジャカのみという事態になってしまい、CBへの負担が非常に大きいのは事実だ。

もちろんだからといって、ルイスとソクラティスに全く日がないというわけではないが、それでもCBのクオリティと戦術の相互作用という見方は出来る。とはいえ、そこまで悲観的になる心配はないのかもしれない。アーセナルの将来を支えるCBはもう揃ってきているのだから。

(Source: https://arseblog.com/2019/09/sympathy-for-the-devils/)

海外記事

アーセナルが5-0でノッティンガムフォレストに快勝したことで、ファンはファーストチームの選手たちへの疑念をより強めることになった。今季のアーセナルの守備は最悪と絶望的の間を行き来しており、ロブ・ホールディング、ティアニーやチェンバースへの期待は高まりつつある。

また、同時にベジェリンも復帰し、直後にアシストで貢献した。彼はファーストチームからの不在が選手の評価を高めるという良い例だ。怪我の前までは彼に対する意見はより割れていたが、今や”キャプテンに相応しい選手”にまで評判は上がっている。

ホールディングはこの日キャプテンマークを腕に巻いて得点したが、この布切れは最近大いに話題となっている。エメリがキャプテンの発表を遅らせたのはジャカを取り巻く批判がひと段落するのを待っていたのではないかと思われる。

チェンバースはヴィラ戦でのゴールに続いてこの試合でもアシストを量産して評価を上げ、彼をファーストチームで使うべきだという声は高まっている。一方で、現在のルイスとソクラティスのパートナーシップは爆発するカスタードパイのようで、この中にホールディングを放り込むのは気を付けなくてはならない。

長期離脱から復帰したばかりの選手は注意深く出場時間を調整しなくてはならない。疲労により怪我を再発させてしまう選手は多いからだ。だが、チェンバースならばその心配はなく、即座にルイスとソクラティスのどちらかを替えたいのであればより現実的なオプションになるだろう。

しかし、チェンバースが目を引いたのはその攻撃面での貢献によるもので、ヴィラ戦では簡単なミスを犯したりもしていた。もちろんこれを理由にチェンバースの活躍に価値がないというつもりはないが、チェンバースをCBで起用せよ、という声はどちらかというとファンの『今のチームは酷すぎるので誰でも良いから違う選手を起用しろ』という気持ちを反映したものにすぎないように思える。

アーセナルはシュコドラン・ムスタフィを起用して2試合連続でクリーンシートを記録したが、彼の起用を熱望する声はそこまで高まっていない。恐らく彼はもうファンの心から投げ捨てられてしまったのだろう。

そして、リーグカップやヨーロッパリーグと比べてプレミアリーグは非常にインテンシティが高いということも留意しなくてはならない。ヨーロッパリーグの初戦はそこまで気合いが入らないのは当然だし、フォレストはエミレーツでの試合に際して6人の選手を前の試合から交代させていた。

フォレスト戦とフランクフルト戦の二試合で、アーセナルには素晴らしくエキサイティングな若手が揃っていることは明らかになった。ユナイテッド、チェルシー、アーセナルは現時点でシティとリバプールに遠く及ばないということを認め、数年後に彼らに挑戦できるように次世代の選手たちの育成を始めているようだ。

これはアーセナルでも簡単に見て取れる。ゲンドゥージ、トレイラ、サカ、ネルソン、ウィロック、マルティネッリ、そしてエンケティアやサリバといった選手たちがアーセナルの将来を支えるだろう。ベジェリンやホールディング、ティアニーといった選手たちもまだ十分に若い。

(source:
https://arseblog.com/2019/09/sympathy-for-the-devils/ )

明日の後編に続きます

海外記事

アーセナルは公式にキャプテンを発表することなくここまで来ており、またエメリが言っていた5人のキャプテンすら決まっていない。恐らく、前者の決断はグラニト・ジャカがファンの批判の最前線に立たされていることで複雑になっているのだろう。

ワトフォード戦でジャカがアウェイファンにあいさつに出向いた時、ファンからは罵声が浴びせられたらしい。もちろん、この試合のアーセナルの酷さを考えれば、一過性のものの可能性もあるが、ヴィラ戦でジャカが退いた時にジャカに向けられた非難は少しどころではなかった。

海外記事

今季のカラバオ杯の初戦は、これ以上ないという結果だった。美しい攻撃と統制の取れた中盤、そして驚くべきことにソリッドな守備陣が組み合わさり、5点を奪っての快勝を手にしたのだ。

しかも、この5点を決めた選手の平均年齢は二十だった。彼らがアーセナルをカラバオ杯第4ラウンドへと導いた。以下に、この試合からわかった5つのことを見ていこう。

サイドバックがアーセナルに革命を起こす

本来アーセナルのファーストチョイスのサイドバックであったはずの二人、ベジェリンとティアニーは二人ともけがを抱えた状態でシーズンを開始した。ティアニーはスポーツヘルニアからの回復中で、ベジェリンは昨季の前十字靭帯断裂からのリハビリを続けていた。

だが今回の試合でティアニーは先発、ベジェリンは途中出場で今季ファーストチーム初出場となった。.

ティアニーのパフォーマンスは素晴らしかった。ダイナミック且つアグレッシブで、ボールを持てば前に走り、一度ならず相手DFをかわすこともして見せた。

いくつかタックルも決め、フィジカルなバトルも怖がっていなかったし、逆にボールを奪うことを狙いすぎることもなかった。さらに、クロスの腕前も一流であることを示し、得点につながっていてもおかしくなかったクロスを何本も放り込んだ。

ベジェリンが活躍する時間はより短かったが、出場するや否やアシストを決め、出場した15分間に関して言えば、シャープに見え、コンディションは良さそうだった。

今のアーセナルのチームはエネルギッシュでダイナミックなサイドバックを切実に必要している。この二人がチームに革命を起こす日も近いだろう。

存在感を示すチェンバース

チェンバースは3試合連続での出場となったが、今日の試合ではいかにも急造右サイドバックといった感じではなく90分を通してカフーのようなプレイを見せた。

最初の10分で非常に重要なインターセプトを3,4回見せたのを皮切りに、高い危機管理能力と予測力を発揮、そしてその後攻撃でも活躍した。ペナルティエリアへ危険なクロスを放り込んでチャンスを何度も作り出したのだ。

その後左サイドバックに移されたが、彼の攻め上がりは衰えず、ネルソンに素晴らしいアシストを記録した。

恐らくより優れたチーム相手にチェンバースを右サイドで使えると考えるのは楽観的すぎるだろう。彼はターンが遅く、例えばユナイテッドのダニエル・ジェームズのような選手相手には苦戦するはずだ。

だが、この試合はフラムで昨季見せた改善をエメリに示すのに十分だった。彼のパフォーマンスはプレミアリーグ先発に値するもので、これをエメリが長く無視し続けるのは難しいだろう。

ネルソンとウィロックは準備が整っている

アーセナルに数多くいるユース卒の有望選手の中でも最も顕著な成長を見せているのがウィロックとネルソンだ。彼らはともに既にプレミアリーグでの先発も何度もあり、ウナイ・エメリは大事な試合で彼らを信頼している。

そして、この試合でその理由が明らかになった。ウィロックはこの日ピッチ上で最も優れていた選手だった。中盤を支配し、パスは素晴らしく、より低い位置でチームのメトロノームのような役割を果たした。

いつも通りエネルギーにあふれ、守備時には何度かよいタックルまで披露した。そして、得点まで決めて見せたのだ。シンプルなゴールだったが、これこそがまさにウィロックの正しい時に正しい場所に顔を出すという才能を示している。

一方でネルソンは試合を通して相手にとっても最も危険な選手だった。先制点に絡み、二点目をアシストし、4点目を決めた。外から中に入り、空いたスペースでいつもボールを要求した。彼は素早く、ドリブルでDFをかわすことが出来る。スペースがあれば何本か良いシュートも放った。

二人が毎週のように先発するかどうかまではわからないが、二人ともより大きな役割を果たす準備はできていると示して見せた。エメリはそれにこたえるつもりがあるようで、今季はとてもエキサイティングになるに違いない。

輝くマルティネッリ

マルティネッリが決めた二点は素晴らしかった。一点目は素晴らしい走り込みだったし、チェンバースとネルソンの良いパスが起点となり、勇敢で正確なヘディングだった。二点目に関しては少しラッキーだったが、シュートを打つまでのスペースの作り方が非常にうまかった。

だが、それ以上にバランスの取れたオールラウンドなプレイを見せたことを評価されるべきだ。相手がボールを保持しているとき、マルティネッリは相手をいらだたせるのが上手かった。数えきれないほどタックルをかまし、フォレストのDFに時間を全く与えなかった。

ボールを失っても気を落とすことなく、即座に奪い返すために走り出していた。彼はセンターフォワードとして必要な素質を備えているように見える。

少しチームメイトへのパスが遅れたり、パスのオプションとなるための走り込みをしないことはあったが、カップ戦レベルであればストライカーとして十分に戦えることを示して見せた。

例えば、もしエメリがオーバメヤンをヨーロッパリーグで休ませたいようなときがあれば、有用なオプションになるだろう。

おかえり、ロブ・ホールディング

ホールディングにとってまさに完璧な一夜となった。ほとんど一年ぶりの試合となったわけだが、守備面でそこまで仕事は多くなかった。ボールに多く触り、今季の彼を象徴するかのようにキャプテンマークがエジルから渡されたのち、ゴールまで決めて見せたのだ。

彼にとってこの得点がどれほど大きい意味を持っていたかは明らかだった。そして、それはファンとチームメイトにとっても同様のことがいえた。エミレーツは歓声に包まれた。ついにホールディングが帰ってきたのだ。

既にプレミアリーグに復帰する準備が出来ているかはフィットネス面次第でもあり、今後まだ様子を見なくてはならないが、ソクラティスとルイスのミスの多さを考えれば、その可能性は大いにあるだろう。

(source:
https://paininthearsenal.com/2019/09/24/arsenal-vs-nottingham-forest-5-things-learned-rob-holding-perfect-night/5/ )

海外記事, 選手採点

相手は格下とはいえ、最近のアーセナルには珍しい大量得点での快勝、さらにその立役者となったのが今季注目の若手たちということで、申し分のない試合となりました。

海外記事

数字だけ見れば、アウェイでリーグ最下位のチーム相手に2-0でリードし、チームにオーバメヤン、ぺぺ、エジル、セバージョスがいるというのはどんな監督にとっても夢のような展開に思える。あとはボールを保持し、相手の勢いをそぎつつカウンターを狙えばいいだけなのだから。

海外記事

プレシーズンでアーセナルを取り巻いていたポジティブな空気が霧散するのに長くはかからなかった。2-2に終わったワトフォード戦が象徴しているように、またしてもアーセナルはかつてと同じく、高額な攻撃のタレントを揃えるばかりでより需要な守備面での課題を解決できない、という罠に陥っているようだ。