海外記事, 選手採点

アーセナルトップ4入りの望みが風前の灯!

海外記事

ラムジーと契約延長が行われないことが明らかになって以来、アーセナルがラムジーのいないチーム作りをどうするのかという問いに対する答えを見つけなければならないことはわかっていた。二月には彼の具体的な移籍先も明らかとなり、ユベントスへのフリー移籍が発表された。

それにもかかわらず、ラムジーのチーム内での重要度は今季どんどんと上昇していった。だが、彼はヨーロッパリーグでケガを負い、ガナーズは彼抜きでの戦い方を見つけなくてはならない。

海外記事

ローラン・コシェルニーがアトレティコ戦でワンダ・メトロポリターノのピッチに崩れ落ち、涙をこらえながらピッチを拳で叩いた衝撃的な日から、もうすぐ一年が経とうとしている。

コシェルニーは0-10でいうとその痛みは11くらいだったと表現している。この瞬間に彼はW杯でプレーするという望みが潰えたこともわかっただろうし、もう一度ピッチに帰ってくるまでには長期のリハビリを必要とすることを覚悟したはずだ。

海外記事

アーセナルはまるで二重人格を持ったチームだ。ホームでは自信に満ち、試合をコントロールすることが出来る。新監督のおかげで活力を取り戻し、新たな時代の到来を告げるチームだ。だが、一歩エミレーツスタジアムの外に踏み出せば、そのアイデンティティは砕け散る。アウェイのアーセナルは非常に脆く、これが彼らのシーズンを台無しにしつつある。

海外記事

木曜日のナポリ戦はついに本当の意味でのヨーロッパでの試合に感じられた。ついに、アーセナルは互角の相手と向かい合うことになったのだ。

もちろん、ヨーロッパリーグは簡単だなどというわけではない。アーセナルは自らバテ戦とレンヌ戦を難しいものにした。だが、突破が簡単かどうかは別として、どうしても少しELは退屈な印象がぬぐえない。

海外記事

(この記事は昨日の前編の続きとなっています)

互いに補い合う二人

同時にピッチに立っていようと、試合時間を6:4あるいは7:3で分かち合っていようが、オーバとラカは全く異なるクオリティを備えており、敵DF陣にとって全く異なる脅威となることが出来る。エイドリアン・クラークも公式動画で解説していたが、彼らは1+1が3にも4にもなるような組み合わせなのだ。

海外記事

一月に私は、今のアーセナルがいかに奇妙な状態にあるかということについて書いた。伝説的な監督が去り、長くクラブに在籍してきた選手が短期間のうちに一気にいなくなり、変革の時期を迎えた。

このせいで、チームには我々がまだよく知らない選手(監督もだ)が増え、選手たちのキャラクターをつかむのにファンは時間がかかっていた。現実世界ならば天気の話や公共交通機関の不満でも言い合って気まずい沈黙を埋めるのだろうが、サッカーでは、結果がそれを埋めてくれ、アーセナルファンが再びチームの選手たちの居場所を心の中に見つけつつある。

海外記事

サッカークラブの移籍市場の動きを予想するのはいつだって難しいものだが、この夏のアーセナルに関してはいつもよりさらに難しく感じられる。補強を担当していたミスリンタートが2月にクラブを去り、アーセナルの移籍戦略がどのようなものなのか未だに明確になっていないからだ。

だが、現在のチームが補強を必要としていることは明確で、今シーズンどのような良い結果を残そうとも、それは変わらない。CL出場権を獲得できればそれに備えたエリートクラスの選手たちの獲得が必要だし、もしCL出場権獲得に失敗したとすれば、上位チームに追いつけるように補強が必要だ。