海外記事

先週私は、エメリがチームにもたらすメンタリティいかにアーセナルと相性が悪いかについて書いた。エメリは確かにコミュニケーション力は高くないが、それでも、良くない結果にもかかわらず、チームが彼の指示を遂行しており、プラン通りの試合を行っている、という点を一貫して主張してきた。

そして、今週もまた、レスター相手に枠内シュート一本い終わった試合に関しても『がっかりしているが、選手の姿勢は良かった。ゲームプランをきちんと遂行してくれた』と試合後にコメントしていた。

そして、 『レスターが一点目を決めた際に、我々が試合で何かを成し遂げるという機会はなくなってしまった』ともコメントし、 彼のゲームプランはヴァーディが得点を決めた瞬間に崩れてしまったと認めた。

エメリのもとチームの変革は望めず、それを証明するかのようにエメリ自身がそれを我々に教え続けてくれているのだ。エメリがこのままエメリらしくいるのであれば、彼にいつまでアーセナル監督の座を許し続けるのかは、ジョシュ・クロエンケ、ラウール・サンジェイ、そしてエドゥ・ギャスパーの責任だ。

多くのサポーターが、レスター戦の敗戦を受けてエメリの解任は早まっただろうと予測、あるいは願った。だが代わりに、ファンを迎えたのはオーンスティンが報じたクラブは100%エメリを信頼しているという報道だった。さらに悪いことに、クラブはサポーターの不満を”ノイズ”だととらえているのだという。

KSEがアーセナルの所有権を握って以降、常にアーセナルは口だけはうまかった。昨年ベンゲルとガジディスは去り、エドゥとサンジェイがアーセナルの未来を象徴するかのように、夏には素晴らしい取引もまとめ上げた。

だが、この一連の報道を見る限り、またしてもファンはうまく騙されていただけのようだ。それが、オーンスティンが報じた『クラブは現在のプロジェクトが健全で、”外部の空気感(訳注=ファンのこと)”が障害とならない限り、成功するだろうと信じている』一文に表れている。

ピッチ内でアーセナルにリーダーが欠けているのは今に始まったことだが、アーセナルファンにとっての悲しい事実は、ピッチ外でもクロエンケがアーセナルを所有している限り、リーダーシップを欠き続けるだろうということだ。

エメリは自身の瑕疵を若手を起用する方針のせいにして逃げ続けており、一方クラブの上層部はファンに真っ向から喧嘩を挑んできた。

ジャカがサポーターのフラストレーションの矛先になり、サンドバッグのような扱いを受けたのは非常に不幸な事件だったが、そもそも、アーセナルの一番の問題は(本来は単なる事務的な手続きで済ませられたはずなのにエメリが対処を間違えたせいで問題は悪化したとはいえ)、ピッチ上のキャプテンではない。ピッチ外でクラブを導く存在がいないことが問題なのだ。

私が思うに、ついにファンの間で、KSEは現状のアーセナルに満足しており、ファンのことを収益を上げるために面倒だが機嫌を取らなければならない存在ととらえている、という認識が広がりつつあるようだ。

この認識は、サポーターの間での楽観と希望を消し去り、怒りと無関心をもたらす。誰がどのような意図で上の情報をオーンスティンに流したのかは知らないが、完全なる悪手だった。ジャカの一件でアーセナルファンをつつけばどのような目に合うか、クラブ上層部は学習すべきだったはずなのだが。

究極的には、これが続いていけばクラブのコアな魅力であるはずのアーセナルの試合を見るという経験はその魅力を失っていき、 ‘スタジアムに空席が目立つようになるだろう。

競争力のないチームが退屈し、怒ったファンを前にしてサッカーをするところなど誰も見たくはないし、チケットは売れなくなるだろう。KSEが次に何か情報を流す際には、もう少し慎重に言葉遣いを考えるべきだ。

(Source: https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/arsenal-will-always-lack-leadership-while-stan-kroenke-is-running-the-show-1.1305008 )

海外記事

アーセナルにとっては多くのことが起こった数日間だった。Athleticのデイビッド・オーンスティンがクラブは”100%”エメリを支持しており、ファンが今季募らせている不満を”ノイズ”だとクラブがとらえているようだと報じたのだ。

そして、その後同じ人物か、あるいは違う誰かなのかはわからないが、その直後にオーニーにまたしても違う情報を提供し、今度は彼はアーセナル内部の誰かがオーバメヤンにAFTVのプレゼンターの一人Troopzとの交友をやめて欲しがっているという記事を発表したのだ。

海外記事

もしよければ前編中編も併せてお読みください

海外記事

レスター戦の選手採点はなしです!(この記事は前編の続きとなっています。)

モウリーニョ

二度のCL制覇と三度のプレミアリーグ制覇を経験しているモウリーニョは、良くも悪くも最も話題になっているエメリの後継候補だろう。だが、彼がアーセナルにフィットするとは思えない。

サンジェイ、ヴィナイ、エドゥの三人はアーセナルの魅力的なサッカーを行うサッカークラブとしてのイメージを向上させようとしているが、モウリーニョはそれとは真逆の一歩だ。

ネガティブで、意見が分かれ、高額な選手獲得を要求する。ベンゲル時代のアーセナルをすべて否定するような存在となるだろう。

中にはトロフィーをもたらしてくれるならばそれもやむなし、という意見のファンもいるのかもしれないが、クラブ上層部はそれとは異なる信念でクラブを運営しているはずだ。

そもそも直近の2クラブ、チェルシーとユナイテッドでは彼は何百億も費やしておきながら、成功の期間は非常に短かった。アーセナルにトロフィーをもたらせるかどうかですら、議論の余地はある。

ロペテギ

2018年には、ロペテギはスペインを復活させ、2018年W杯の優勝候補に押し上げた監督だった。W杯予選ではスペイン代表は無敗だったのだ。

だがその後、ロペテギはジダンの後をマドリードで継ぐことに同意し、それがリークされ、W杯直前で代表監督を解任された。これはスペインにとっても災難だったが、ロペテギのその後のマドリードでの時間も酷いものだった。

たった14試合を指揮しただけでレアルから見放され、その後彼はセビージャに移り、そこで指揮をとっている。

だが、ロペテギのスタイルはアーセナルにフィットすることは間違いない。彼は主に4-2-3-1あるいは4-3-3を用いて攻撃陣に自由にプレイさせることを好む。

スペインユース時代、そしてA代表でもイスコが彼にとってのカギとなる選手で、彼のようなキラーパスとドリブルを併せ持つ選手がロペテギのスタイルを象徴している。

レアルマドリードではイスコを活かしきれず、トロフィー獲得歴はないものの、セビージャでは安定しているようだ。

総合的に見て、スタイル的にはアーセナルにあっているが、トップレベルで結果を残している監督というわけではないという点で少しリスキーなチョイスだといえるかもしれない。

アッレグリ

アッレグリは優秀な戦術家として知られ、4-4-2, 3-5-2, 4-2-3-1などのバラエティ豊かなシステムを柔軟に使いこなすことが出来る。

アッレグリのチームはボール非保持時は基本的に強固なブロックを形成し、ピッチの中央を固めることが多い。

9年で13のトロフィーを獲得という優秀なイタリアでの成績のおかげで2018年にはアーセン・ベンゲルの後継者の第一有力候補と見られていた。

アルテタ

2018年のベンゲル候補者リストには元アーセナルMFのミケル・アルテタも含まれていた。

アルテタはもうすでに4シーズンにわたってマンチェスターシティで、グアルディオラのアシスタントを務めている。

シティが最初のタイトルを獲得した2018年に、サネとスターリングの能力を最大限に引き出した功績は良く知られており、グアルディオラ自身も、アルテタが彼の後を継げばシティで成功を収めるだろうと太鼓判を押している。

『彼は既に素晴らしい監督の資質があるし、将来成功を収められると思うよ。彼はまだ若いのに、ビッグネームの選手たちを扱う経験があり、遅かれ早かれ監督になるだろう。

時々私と意見が異なることはあるが、それを参考にチームを変えることが出来ることはそれはポジティブだし、彼はシチュエーションを読むのがとてもうまい。

ミケルの仕事への姿勢も素晴らしく、分析力も凄いんだ。私を大いに助けてくれているよ。』

重要な試合を左右するのはほんの少しの違いを見つけ出す能力ということは往々にしてよくあることだが、その点ではアルテタは素晴らしい監督になる素質を備えているといえそうだ。

彼は2018年の時点ですでにエメリに次ぐ候補と目されていたし、元アーセナルの選手でもあり、チームに成功と攻撃的なサッカーを取り戻してくれるだろう。

唯一不安なのは、ここまでアシスタントコーチとしての経験しかなく、チームのトップとしての経験が不足していることくらいだろうか。

(後編に続きます)

海外記事

ウナイ・エメリのアーセナル監督の座が危うくなっている。パフォーマンスは悪く、エミレーツには空席が目立つ。試合の空気は毒を含んだものになってしまい、結果も出ていない。

報道によれば今すぐに、というわけではないようだが、ファンの不満は高まってきており、ついに彼らは後任が誰がいいかという話をし始めている。

海外記事

アーセナルのアイデンティティとは何だろうか。この問いはベンゲルが退任し、ベンゲルサッカーからの移行期にあるアーセナルにおいて昨年から何度も問いかけられてきた。だが昨年はベンゲル後の初シーズンだったこともあってファンは忍耐強かった。が、今季に入り、そろそろ我慢の限界が来つつあるようだ。

エメリはアーセナルの監督二年目に突入したが、結局どのようなサッカーを彼が目指しているのかは全く見えてこない。ベンゲル時代の問題は依然として解決されないままで、試合結果に関してはむしろ悪化さえしている。

8試合で一勝という成績のせいで、アーセナルはリーグトップよりもリーグ最下位に勝ち点が近くなってしまった。

エメリは今や、過去に多くの監督が陥り、そしてそこから脱出できた監督はほとんどいないスパイラルに陥ってしまった。アルテタやアッレグリ、ヴィエラという名前が噂されているが、その中でも特に目立ったのがジョゼ・モウリーニョだろう。

ジョゼ・モウリーニョがアーセナルの監督に、というのは正気の沙汰に思えないかもしれないが、その可能性はゼロではない。

客観的に見れば、モウリーニョは最悪のチョイスからは程遠い。モウリーニョは就任当初はいつもうまくやるし、いわゆる”解任ブースト”を引き出すのもうまい。目標達成に失敗したマンチェスターユナイテッドでさえも、2つのトロフィーを獲得し、就任1シーズン目でクラブにCL出場権をもたらしたのだ。

もしアーセナルが今季のシーズンをひっくり返し、トップ4入りの希望を復活させてくれる人材を望んでいるのだとすれば、それにモウリーニョが適任でないとは言えないだろう。

だが、かつてアーセン・ベンゲルとガナーズに暴言を吐いた男をアーセナルの監督の座に据えるには、根本的にクラブの信念と方針を変更する必要がある。

モウリーニョの監督就任はアーセナルが象徴するすべてのものを否定するだろう。アーセナルは常に長期的なビジョンを誇ってきたが、モウリーニョは現在のビッグステージで結果を残す男だ。アーセナルもモウリーニョもそれぞれある程度の成功を収めており、どちらかが正しくどちらかが間違っているというわけではないが、この二つは相いれないものだ。

とはいえ、かつてはアーセナルがモウリーニョの完璧ない場所だとみなされただろう時代もあった。1-0のアーセナル、と揶揄された時代だ。今のアーセナルの価値観とされるものはそのほとんどが、アーセン・ベンゲルがもたらしたものだ。

ベンゲルが去った今、クラブは彼の価値観にどれほど重きを置いているかが試される時期に来ている。モウリーニョがアーセナル監督候補として認められるかどうかというのはその試金石というわけだ。

絶対的なアイデンティティを持つサッカークラブというのは実は多くはない。バルセロナやアヤックスのような例外ももちろんあるが、それも常に一貫していたというわけではないし、この2クラブは単にヨハン・クライフという偉大な男が植え付けた哲学がヨハン・クライフ自身がこの世界を去っても残り続けているというだけのことだ。

これはクライフの究極の遺産と言えるが、一般的にはサッカークラブというのは現在指揮をとる人々の考えや信念を反映するものだ。確かにモウリーニョはアーセナルを変えてしまうだろうが、それは単に、時間が経つにつれて不可避な進化がクラブに訪れるだけというわけではないのだろうか?

そもそも、アーセナルのオーナーのビジョンがアーセナルのサッカークラブとしての価値観と一致しているとは言えない。彼らが将来を見据えたクラブだというのであれば、ここ10年間、アーセナルはそれをフロント陣が示すのに失敗している。

これらを考慮すれば、モウリーニョはアーセナルが望む監督ではないにしても、アーセナルにぴったりの監督になる可能性もある。

海外記事, 選手採点

またしても、ウナイ・エメリはチームをいじり続け、その結果アーセナルは残念パフォーマンスを見せた。今季初のスリーバックを採用したが、選手たちは完全に混乱して見えた。選手個々のパフォーマンスもよくなかったのは事実だが、彼らは責められない。

GK

マルティネス: 7

前半に何度も素晴らしいセーブを見せ、ボールを蹴りだすときの判断も良かった。

DF

ムスタフィ: 5

普段はアグレッシブなムスタフィには珍しく、今日は慎重すぎた。彼が飛び出すのをためらっている間に右サイドを攻略されることが多かった。フリーキックから点を決めたが、それが彼の一番重要な仕事ではない。

ソクラティス: 4.5

FK対応でマズい場面があり、デイビッドソンにチャンスを与えた。それ以外では守備時はソリッドだったと思う。にもかかわらず点が低いのはボール保持時のプレイの質のせいで、3バックの一員としてもっと前へのパスの意識を高めなくてはならない。

ホールディング: 4

キャプテンを務めるのが見られたのは良かったが、彼の日ではなかった。ヴィットーリアの攻撃陣にやられてしまうことが多く、特にエドワーズに苦戦していた。そして、彼の強みである良いパスも見せられなかった。

ナイルズ: 6

前にプレスに出ていくタイミングがつかめず前半は苦戦しており、それと同時にパス成功率も低かったが、後半には改善され、より正確にプレスをかけ、ボールも失わないようになった。とはいえ、まずまずのパフォーマンスといったくらいか。

ティアニー: 8

マンオブザマッチ。この試合で輝いた唯一の選手と言ってもいいだろう。左サイドを支配し、良いクロスを放り込んだ。アーセナルの攻撃の中心となり、守備時にもソリッドで一度もドリブルから突破されなかった。この試合で彼がプレイするべきだったのかは疑問の余地があるが、それでも素晴らしかった。

MF

ウィロック: 4.5

セバージョスより24分長くプレイしたにもかかわらず、ほとんど同じタッチ数とパス数だった。前線への上りは悪くなかったが、それ以外の点では試合には入れず、これはここ数週間のトレンドになりつつある。とはいえ、セバージョスと同じく採点は低めだが、これが彼自身のせいだとは思えない。

セバージョス: 5

苦しんだ。ジャカと同じように、守備時に広い範囲をカバーするだけの機動性を欠き、かつボールを拾うために下がりすぎることが多く、ウィロックを孤立させてしまった。だが、これは彼の能力を活かせないポジションで起用された結果だ。

FW

ペペ: 5

アーセナル唯一の得点を演出したものの、5度のボールロストとチーム最多を記録、FK以外でインパクトを残すことは出来なかった。

サカ4.5

残念な試合だった。交代直前に一つよいチャンスを作り出したものの、見どころと言えばそれくらいで、2度のボールロスト、ドリブル成功率は50%、パス成功率は77%二兎度もあった。カウンター時に判断を誤る場面もあった。

マルティネッリ: 6

ボール非保持時に献身的に働き、他の選手たちよりは貢献したといえるが、それでもボールをもっている際にはあまり輝けなかった。ほとんどボールが供給されず、マルティネスより少ない33のボールタッチにとどまり、孤立していた。

交代選手

ゲンドゥージ: 6.5

ゲンドゥージが登場したとたんにアーセナルがより安心してみていられるようになったのは驚きではない。ドリブルにプレスにと活躍し、ピッチをセバージョスより広くカバーした。

(ラカゼットとトレイラは採点なし)

海外記事

『我々が準備をした通りに試合をコントロールすることはできた。だが同点に追いつかれ、我々は選手をボックスに送り込み始めた。ビッグチャンスを作ることは出来なかったが、2点目が遠かったわけではない。結果は悪かったが、戦術的には我々は望むとおりにプレイ出来たと思う。』

これが、1-1で引き分けに終わったウォルバーハンプトン戦の後のウナイ・エメリのコメントだ。恐らく『戦術的には我々には臨む通りプレイできた』というフレーズはアーセナルファン、ジョシュ・クロエンケ、アーセナルフロントの注意を引いたことだろう。

エメリ時代のファンからの最も主要なクレームはアーセナルが戦術的なアイデンティティや哲学を欠いているというものだった。

私もそのうちの一人で、同じように考えていたのだが、土曜の夜のコメントを見て、気づいたことがある。『アイデンティティ』や『哲学』を求める声は単なる楽観的な現実逃避にすぎないのだ。

アーセナルにはすでにアイデンティティがあるのだが、それに向き合いたくないというだけのことだ。

監督は昨季のウルブズ戦・パレス戦の結果についても『我々は昨季も勝利できなかった2チーム相手にホームでの機会を落としてしまった』と会見で触れた。

これは、今季の試合のプランを立てるうえで昨季のことが頭にあったということだろう。昨年の11月、ウルブズはカウンターからアーセナルを朝食に食べてしまった。

確かに今回は同じことが起こることを阻むのには成功したが、問題は、アーセナルはカウンターからではなくとも、どんな形でも失点してしまうということだ。

そして、もう一つの問題は、 エメリがウルブズの守備の脆弱性につけこむプランを全く持ち合わせていなかったということだ。プランは相手チームを止めることだった。それ自体は悪いわけではないが、いかにして相手を攻略するかという視点が欠けていた。

土曜の試合でのアーセナルの最後の枠内シュートは前半32分だった。これは、エメリ下のアーセナルの象徴ともなっている。ガナーズは、リードするや否やそのリードを守ろうとするのだ。エメリは常に綱渡りで、全てのリーグの試合をトリッキーなヨーロッパリーグのアウェイ戦のように扱っている。

何度のそのせいで痛い目に合おうとも、エメリは同じ指示をチームに出し続ける。彼の監督としての地位が危うくなり、サポーターの彼への気持ちが深海に沈もうとも、それでも彼はウルブズ相手にチームが成し遂げたものに満足しているのだ。

彼は、シェフィールド戦の後も、同じように後悔していないようだった。『チームが試合をコントロールできた局面もあり、チャンスも作れた。得点は出来なかったが、もしもう一度今日と同じ試合をすれば、勝ち点を得る確率は高いと思う。』

ブラマルレーンではアーセナルはゲームプランを遂行したが、少し運が悪かった。そのようにエメリの目には映っているのだ。

これはエメリがすべての試合を白熱した腕相撲のような僅差の試合だととらえ、ギリギリのところで勝負し、アーセナルのFW人のクオリティが勝利に導いてくれるよう願っているからだ。

今季のアーセナルのプレミアリーグでの勝利はすべて1点差だ。これは、全ての試合でぎりぎりにならざるを得ない中位や下位チームにとっては良い戦術かもしれないが、アーセナルのようなチームには向いていない。アーセナルは下位チームを自慢の攻撃陣で蹴散らせるはずなのだから。

そもそも、チームとしての実力以前の問題として、今のアーセナルのスカッドは大きく攻撃側に偏っている。アーセナルの攻撃陣ではなく守備陣が試合結果を左右するような戦い方は、監督として賢くないアプローチだといわざるを得ない。

ウルブズ戦とシェフィールド戦後のコメントはチームはきちんと彼のゲームプランを遂行していることを示しているように思える。そして、これは当分の間変わる予定もなさそうだ。

これがエメリ下のアーセナルの『アイデンティティ』なのだろう。ウナイ・エメリは同じことを選手たちに求め続けるだろうし、もし誰かが同じことを継続して続けるのであれば、それが彼/彼女のやり方ということだ。

だからこそ、エメリがまだ状況を立て直せると信じてこれ以上エメリの解任を先延ばしにするのはナンセンスだ。彼は既に我々に、このやり方がずっと続くだろうと示しているのだから。

(Source: https://www.unibet.co.uk/blog/football/premier-league/emery-has-imposed-a-style-at-arsenal-and-that-style-is-the-reason-he-should-be-dismissed-1.1298517 )

海外記事

この記事は前編の続きとなっています

ここのところアーセナルは枠内シュートを放つのに苦戦しており、これは特にアウェイで顕著だ。シェフィールド戦では、アーセナルが1時間以上も一点を追いかける展開だったにもかかわらず、オーバメヤンに危険なエリアでボールを触らせることが出来なかった。

セットプレイしか得点がなかったクリスタルパレス戦でもこれは動揺で、この試合でオーバメヤンがペナルティエリア内でボールに触ったのはたったの二回のみだ。

ブラマルレーンではブカヨ・サカが最終的にエジルの好むポジションであるトップ下としてプレイしていた。31歳のW杯優勝経験者の方がより輝けるかもしれないというのは合理的な推測だろう。

エメリはセバージョスがトップ下の選手ではないと感じているようで、パレス戦では4-4-2の少し左寄りのMFとして起用したが、それによってアーセナルの攻撃が潤滑になることはなかった。

したがって、エジルの再起用は全く悩む必要のない決断に思える。そもそも今季のアーセナルはハイプレスを行っていないのだから、これを考えるとエジルがメンバーから外れるのはより奇妙だ。

しかし、昨季エジルは先発20試合で2アシストしか記録していない。最近のウィロックが記憶に新しいが、エメリのもとトップ下でプレイした選手はほとんど全員苦戦したといってもいい。

エメリ政権の序盤は4-2-3-1のトップ下としてラムジーが起用されたが、上手くいかず、すぐにラムジーはメンバーを外れた。セバージョスはトップ下が本職ではないし、監督がサイドからの攻撃を好むため、エジルは本来のプレイがトップ下でできていない。エメリのシステムでは、トップ下は、ボールをサイドに送るのを助けるためのタッチ数の少ない囮に過ぎないのだ。

これは、部分的にはエジルがなぜエメリ監督就任以降苦戦しているかの説明になっている。彼はサイドにポジションをとることで相手から隠れることを好むが、これは最終的にボールを縦に進めるための手段だ。エメリの思い描く攻撃と、エジルが提供できるものは、根本的に合わないのだ。

だが、ワトフォード戦でアーセナルが珍しく流れるようなサッカーを見せた際に、ナイルズへの美しいパスでその中心的な役割を果たした。昨季のレスター戦で見せた、彼からベジェリンへの美しいパスを忘れられるアーセナルファンは誰かいるだろうか?

バーンリー戦でもコラシナツ相手に見せたように、エジルは、サイドを駆け上がるサイドバックにパスを提供することが出来るのだ。

もしエメリがサイドバックをチームの戦術の重要な柱だと考えているのであれば、エジル以上に彼らを見つけ出すのが上手い選手はいない。また、途中で交代したにもかかわらず、彼はノッティンガムフォレスト戦ではチーム1多くチャンスを作り出した。ここまでのところ、エジルは出場した試合ではほとんどすべて良いパフォーマンスを見せている。

アシスト数に関して言えば、2015/16シーズンのような記録を達成することはもうないかもしれないが、もしエメリがサイドの選手をコーナー付近、そしてチャンスへと送り込みたいのであれば、エジルよりそれをうまくこなしてくれる選手はいないだろう。

メスト・エジルは”プレ・アシスト”(訳注: アシストの一本手前のパス)を何本も出してくれるはずだ。だが同時に、彼は責任をもってそれを定期的に提供しなければならない。

なぜなら、ウナイ・エメリのチームにもエジルの居場所はあるのだから。彼はクラブの将来を象徴するわけではないかもしれないが、より重要なのは彼が現在でいかに活躍できるかだ。

(Source: https://arseblog.com/2019/10/license-to-ozil/ )

海外記事

先週起きたジャカの一件まで、エジルとエメリの衝突は、アーセナルのエメリ時代を象徴するような出来事だった。だが、SNS上やシンプンのスポーツ欄で繰り広げられる場外戦のPR合戦では、エメリは現代フットボール界で最も有能なPRチームにはとてもではないが敵わない。エメリはそもそもそこまで有能なコミュニケーターではないし、スター選手をうまく管理するスキルで知られているわけでもない。