海外記事

(この記事は前編の続きとなっています。)

その問題のうちの一つがユナイテッド戦でアルテタが初勝利を挙げた直後のルイスとソクラティスのインタビューで明らかになった。

海外記事

大体ブログのコツみたいなサイトを見るとタイトルは~文字以内で!みたいなことが書いてあって、今回は流石に長すぎるかなと思ったんですが端折る部分が見当たらなかったのでそのまま直訳しました!笑

解説者として評判の高いジェイミー・キャラガーがアルテタに対して疑いを抱いていたことをみとめつつそれを覆されたと率直な評価を語る記事です。前半は多少辛辣ですが、後半は大絶賛です!

海外記事

アーセナルが得点をオーバメヤンに頼り切っているというのは皆が知っている事実だ。彼は今季のガナーズの全ゴール中の48%をあげている。

また、ラカゼットは不調に陥っており今季5ゴールしか挙げられていない。したがって、アルテタはオーバメヤンの出場停止に伴って大きな問題に直面することになる。

海外記事

明らかになり始めるアルテタらしさ

今季初めて、アーセナルはプレミアリーグの試合で二戦連続同じスタメンを起用した。これに一月までかかってしまったというのは確かに心配だがアルテタのもと、より明確でくっきりしたチーム像が見えてきた、あるいは目標は見えてきた、ということはできるだろう。

非ボール保持時には4-4-1-1、そしてボール保持時には2-3-5になる4-5-1が基本的なフォーメーションで、トランジション時にはハイプレスを仕掛け、素早いパス交換から深い位置からのビルドアップをし、エジルを右のハーフスペースで使うというのがアルテタアーセナルの狙いだというのが明らかになりつつある。

エメリが抱えていた最も大きな問題は混乱を招く指示で、おそらくこれはチームをいじりすぎることが原因だった。エメリは柔軟なチームに仕上げたかったようだが、やりすぎてチームは何をすべきなのか全くわからなくなってしまった。

痛々しいほどに明快さを欠いていたのだ。だが、アルテタは明確なプランを持っており、もしかすると、これはうまくいくプランなのかもしれない。

海外記事

1月の移籍市場が開く直前にクラブにやってきたアルテタだが、既に記者会見では移籍市場に関する質問と向かい合っている。

どちらかというと選手獲得よりも放出に関する質問の方が多く、特にジャカとオーバメヤンの話題は目立っている。

これらの質問に関してアルテタは驚くほど正直に答え、彼ら二人に残ってほしいと考えており、選手と交わしたやり取りに関しても明かした。

当然ながら選手獲得に関してはそこまで明言をしなかったが、この冬にチームを強化する選手獲得を行う可能性は否定しなかった。

今回はアーセナルが狙うべき4人の選手と、彼らが予算的に難しい場合の代替選手を見ていこうと思う。

海外記事

(この記事は前編の続きとなっています)

海外記事, 選手採点

GK マルティネス: 6

33分に素晴らしいセーブを見せたのをはじめとして、攻勢に出るリーズを何とか水際でとどめた。ボール配給には改善の余地があるが、アーセナルがシュートストッパーを必要とした試合でその役割をきっちりと務めた。

DF ソクラティス: 5

当然ながら5年間一度もプレイしていないポジションを務めさせられたCBのようなプレイを見せていた。サイドでハイボールに競り勝つという与えられたタスクはこなしたが、リーズがポゼッションを握っていたため、弱点を突かれることも多かった。

とはいえ、結果的にはソクラティスは全力を尽くし、相手に得点を許さなかった。

ホールディング: 5

11/9ぶりの先発となり、けがの重さを考えればある程度低調なパフォーマンスはしょうがないだろう。完ぺきではなかったが、久々の試合にしてはそこまで悪かったわけでもなかった。

ルイス: 7

恐らくアーセナル守備陣の中で最もミスが少ない選手だった。(この試合の前半を考えればそのことに大きな意味があるわけではないが)

リーズがプレッシャーをかけるにつれてそれをシニカルなファウルでいなし、試合終盤には落ち着いて一貫した守備を見せ続けた。

コラシナツ: 6

後半に大きく改善した多くの選手たちの一人で、リーズの脅威に対して、前がかかりになり、ジャック・ハリソンを自身のマークのために戻らせることで対応した。

MF ゲンドゥージ: 6

リーズのプレスのインテンシティに全く対応できていないように見え、何度かボールロストがあった。そして、ボールを追いかけすぎる傾向があり、そのおかげで相手はゲンドゥージを交わしてしまえば広大なスペースが得られた。

だが、他の選手と同じように、後半にはきちんと修正して見せ、ドリブルパス両方を駆使して相手のプレスを突破できるようになった。まだまだ未熟な点も多いが、彼のメンタルと気迫は疑うことができない。

ジャカ: 6

先週左サイドへのボールは非常に効果的だったが、今日の前半では鳴りを潜めていた。だが、見事にそれに対応して見せ、今日は得意ではないドリブルを生かして効果的に相手のプレッシャーをいなしていた。

エジル: 6

エジルをどう止めればいいのか、マンチェスター・ユナイテッドにとっては参考になった試合だっただろう。ケルビン・フィリップスがエジルをマンマーク気味に対処していた。

だが、エジルもボールが低い位置にある間にはもっとできることはあったように思う。ジャカとゲンドゥージの前の広大なギャップはエジルが埋めるべきだった。だが、前半のうちにエジルはよりスペースを埋めるようになり、改善された。

FW ネルソン: 7

可能性は感じさせるが結果が残せない、というのがネルソンのお決まりのパターンになりつつあるが、今日ン試合では55分にその呪いを破った。泥臭いフィニッシュだったが、試合を通してよいパフォーマンスを見せていたのが報われた形となった。

ぺぺ: 7

高い位置ではボール供給があまり行われなかったが、それでも低い位置に下がってボールを受けた時ですらも、アーセナルの最も危険なアタッカーだった。リーズが疲れるにつれて彼の影響は増し、結果としてネルソンの得点につながった。

ラカゼット: 7

運には味方されず、得点はならなかったが、ピッチを雷のように走り回り、チームに貢献した。

交代選手 マルティネッリ: 6

アーセナルがまだリーズのプレスに苦慮していた時間帯に投入され、左サイドでその軽減に役立った。チームのために走り、また相手守備陣もかき乱した。

ウィロック: 5

インパクトを与える時間はほとんどなかったが、プレッシャーを受けながらでもボールを保持する素晴らしい能力を見せつけた。

(Source: https://www.football.london/arsenal-fc/players/arsenal-player-ratings-nicolas-pepe-17522835 )

海外記事

フルタイムのホイッスルが吹かれ、チェルシー戦の敗北が決定した瞬間、多くの選手たちが地面に倒れこみ、スタジアムの時間が一瞬止まった。敗北の笛がいつも引き起こすように、風船から空気が抜けるように、スタジアムからエネルギーが抜けていくのが感じられた。

海外記事

この記事は昨日の前編の続きとなっています

アーセナルのプレスのタイミング

水曜日の試合は、2つの部分に分かれていた。前半はアーセナルはハイプレスを展開したが、後半にはアーセナルは疲れ、深く構えていた。前半のプレスは非常に統制が取れていた。

あまり機会は多くはなかったが、ユナイテッドが自陣より前でボールを保持した際には、アーセナルは442のような形でコンパクトに構え、エジルとラカゼットが一列目の守備を担当した。

子の守備の形のカギは二つあった。まず、ライン間を出来るだけコンパクトに保つことだ。これにより、ユナイテッドを外に追いやるまたは、リスクの高いドリブルやパスに追いやることができる。

第二に、相手がボールを保持した際に自由を与えないという点だ。中盤にボールが来た際には相手がターンする前にトレイラあるいはジャカがつぶしに行き、ボールの後退を強いた。サイドでもナイルズとコラシナツが同じ方針でプレイしていた。

そして、ボールが後ろに下げられた、あるいは横パスが出された瞬間にアーセナルはプレスを開始した。この図のオーバメヤンのように、マグワイアからの横パスを予期してプレスのスイッチを入れていたのだ。

カウンターへの対処

トランジション。エメリのアーセナルはこれに対処できなかった。ユングベリは問題を見つけたものの、修復はできなかった。そして、アルテタ体制となってからも、チェルシー戦の終盤ではカウンターから失点してしまった。

では、アーセナルは水曜日に国内でも最も危険なカウンターを展開するチーム相手にどのように対処したのだろうか?

ナイルズが中央寄りのポジションをとることが多くなったのは注目を集めているが、この戦術のユニークさは、ナイルズが中央でパス交換に参加できるというだけではなく、ボールを失った際の対処にもある。

ナイルズとトレイラとジャカの3センターのような形になることが多く、これにより、ポゼッションを失った直後の守備力は増していた。

以前のアーセナルは一人あるいは二人でピッチの横幅の全てをカバーしなくてはならなかったが、突如としてアーセナルは相手の攻撃を遅め、相手を再度に追いやったり、カウンターに備えることができるようになったのだ。

基本的にはボールに最も近い二人、オーバメヤンとラカゼットがボール奪取に走る一方で、その後ろでルイスとソクラティスの前を3人がカバーすることができる。

特に、アーセナルが得点した場面でもこの形は機能していた。結局この備えは必要にならなかったものの、常にナイルズ、トレイラ、ルイス、ジャカはカウンターに備えて相手に注意を払っていた。

アーセナルがこれを続けることができれば、カウンターに対する守備力は格段に上がることだろう。

私が思うに、以上の4つの点がアーセナルの最も大きな課題であり、これらに対する回答をアルテタがいかに素早く用意してきたかというのには感銘を受けている。

もしアーセナルがこのままポゼッションの精度を上げ、ハイプレスをかいくぐり、かつ自分たちではより機能するプレスを展開し、そしてカウンターにも備えられれば、素晴らしいチームになることだろう。