海外記事

この12か月は、アーセナルにとって非常に重大な変革の時だった。アーセン・ベンゲルは去り、CEOとスカウト長もそれに続いてクラブを去った。直近の3つの移籍市場で9人の新しい選手がアーセナルに到着し、今期はエメリの下、サッカー哲学も大きく変わった。

だが、それにもかかわらず、アーセナルの今季終盤の崩壊の様子はなじみ深く感じられる。恐らく今季のアーセナルに関して最も残念なのは、彼らがまさしくアーセナルらしく見える、ということだろう。

オリジナル, 選手採点

2人のストライカーの素晴らしいパフォーマンスで、アーセナルがチェルシーとの決勝に駒を進めることが決定しました!攻守ともに崩壊気味のところを無理やりオーバメヤンとラカゼットがアーセナルを引っ張ってきた感も少しありますが、まあもうここまできたら細かいことは気にしていられないのであと一試合引っ張っていってくれることを祈りましょう!

海外記事

(この記事は昨日の前編の続きとなっています。)

ドリブルを用いて相手と対峙する気が少しでもあるのは、チームでイウォビただ一人だけだ。モダンフットボールにおいて、ドリブルは攻撃の最も効果的な手段の一つで、私の意見では、プレスが厳しい今の時代だからこそ、相手の裏を突ける意外性のあるドリブルという手段の重要度はさらに上がっている。

海外記事

アーセナルは、一週間で3失点を3連続で記録したりと、守備の脆弱さが非常に目立っている。そんな中、恐らくあなたが最も読みたくないのは、アーセナルの攻撃がいかにひどいかに関する記事だろう。ちょ、ちょっと待ってくれ、戻ってきて最後まで記事を最後まで読んでくれたまえ!『ムスタフィはクソ』と書き続ける記事のほうがアクセスが稼げるって?まあ確かにそうかもしれないが、私の言うことも聞いてくれ。

オリジナル

日曜日にアーセナルがブライトンと引き分けたことで、最終節でアーセナルが勝利+トッテナムが敗北+8の得失点差をひっくり返す、という非現実的な結果にならない限りはアーセナルの順位は5位か6位で確定、CL出場権の望みはEL優勝のみ、ということになります。

一応数字上はまだ可能性は0ではないですが、実質今季のアーセナルにとっての国内リーグ終了といってもいいでしょう。総括というか振り返りはまたきちんとやりたいと思いますが、とりあえず最終盤でのブレーキを受けて思う所(主に何が問題なのか)を書いてみたいと思います。

動画

昨日がラムジーがアーセナルの選手としてエミレーツスタジアムを訪れる最後の機会となりました。最後のインタビューで彼が語った言葉を紹介します。

オリジナル

チェルシー、アーセナル、ユナイテッドの3チームが躓きに躓いたため、流石にトッテナムはもう安泰だろうと思われていましたが、ここに来てまさかの退場者を二人出してボーンマスに敗北と無理やり参戦してきたため、4つ巴の様相を呈しているトップ4レース。

4チームの躓きっぷりを振り返ると共に最終的な展開を考えていきたいと思います。

オリジナル

まだまだヨーロッパリーグやトップ4争いの真っただ中でシーズン最終盤で佳境を迎えているアーセナルですが、シーズン終了すなわち夏の移籍市場の開始ということで、同時に着々と来季も見据えた戦略も立てていかなければなりません。

夏の補強に関する記事はいくつか書いていきたいと思っていますが、とりあえず第一弾としてまず、実際のターゲットなどとは関係なく、チームのどのポジションが補強ポイントなのかまとめていきます。

オリジナル

プレミアリーグでの不調のおかげで今やより現実的なCL出場権獲得ルートともいえるヨーロッパリーグ準決勝のファーストレグ、ホームでのバレンシア戦の選手採点です!

動画

エジルの新作Q&Aをお届けします!今回はグーグルでの検索の予測候補にエジルが答える、というスタイルとなっています。